ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ、スマートフォンのモーションセンサーと地図情報を組み合わせた高精度の屋内ナビゲーション技術を開発、4月にドコモ地図ナビに実装予定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTT ドコモは 2 月 19 日、スマートフォンのモーションセンサーと地図情報を活用した新しい屋内ナビゲーション技術をゼンリンデータコムと共同開発したと発表しました。屋内では GPS 衛星からの電波を受信しづらいため、精度よく位置を特定することは困難です。屋内用に Wi-Fi スポットや Bluetooth ビーコンなどを利用しておおよその位置を特定することは可能なのですが、ビーコン等がないと上手く機能しません。そんな中開発された新技術では、スマートフォンのモーションセンサーからユーザーの歩行状態(直進や曲りなど)をリアルタイムに検出する自立航法技術と、その歩行状態から推測されるユーザーの居場所を地図に補正しながらマッピングすることで、誤差が “屋外でのナビゲーションと同等”、“数メートル程度に抑えることができた” というほどの精度で屋内ナビを実行できるそうなのです。この新技術は、まずは 2015 年 4 月に「ドコモ地図ナビ powered by いつも NAVI」アプリの新機能「屋内ナビゲーション」として提供される予定です。これで地下鉄の駅構内、デパートやショッピングモール、公共施設のフロアなどで従来よりも高い精度でナビを実行できるようになると思います。Source : NTTドコモ


(juggly.cn)記事関連リンク
Dropbox、モバイルアプリに共有リンクをタップするとアプリ内でプレビュー・保存できる新機能を追加
携帯3社、3月27日より山陽新幹線 徳山駅 ~ 新山口駅間のトンネル内で携帯電話サービスを開始
Microsoft、Android版OneDriveのベータテストプログラムを開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP