ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、eMMC 5.1 準拠の16 /32 / 64GB NANDフラッシュメモリを開発、Galaxy S 6に採用か?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung がスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスの内蔵ストレージで広く採用されている NAND 型フラッシュの新製品として、最新の「eMMC 5.1」規格に準拠した製品を開発したと発表しました。Samsung の eMMC 5.1 フラッシュメモリは 16GB、32GB、64GBがラインアップされており、いくつかのスマートフォン・タブレットメーカーに供給されています。Galaxy S 6 に採用されている可能性もありますね。Samsung によると、メモリの性能は 64GB 版の場合、シーケンシャルな読み込み速度が 250MB/s、シーケンシャルな書き込みが 140MB/s で、ランダムアクセス性能は、ランダムな読み込みが 11,000 IO/s、ランダムな読み込みが 13,000 IO/s とのことです、典型的な SD メモリカードの I/O 性能が 1,500 IO/s と 500 IO/s であることから、26 倍も高い I/O 性能を発揮すると言っています。テスト時のファイルサイズは公表されていませんが、ストレージの性能は高いようです。また、eMMC 5.1 では UHD の高解像度動画のストリーミングや再生を含むデータアクセス時にストレージに発行されたコマンドを効率的に処理してシームレスなマルチタスクアクティビティを可能にする「first command queue」機能や「Secure Write Protection」と呼ばれるセキュリティ機能も実装されているそうです。Source : Samsung


(juggly.cn)記事関連リンク
Googleが広告サービス「AdWords」の公式Androidアプリをリリース、しかし今はカナダでしか利用できず
Android Oneスマートフォン「Mito A10 Impact」が実際にAndroid 5.1で発売されたことを確認
5.2インチWQHDの「HTC Butterfly 3」の噂が浮上、HTC One M9のAPKリストも公開される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP