ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android Oneスマートフォン「Mito A10 Impact」が実際にAndroid 5.1で発売されたことを確認

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google がまだ公式に発表していない「Android 5.1(Lollipop)」を搭載した Android One スマートフォン「Mito A10 Impact」が実際に Android 5.1 入りで発売されていることが Jurugadget.com で公開された開封レポートで確認されました。インドネシアに投入される第 1 弾「Evercoss One X」、「Mito A10 Impact」、「Nexian Journey」の 3 機種は全て Android 5.1 で発売されることになっていますが、実際に Android 5.1 で発売されたのかや、Android 5.0.x との違いは不明でした。Mito A10 Impact の製品箱やシステム情報画面を見ると、ちゃんと Android 5.1 と表示されており、カーネルも「3.10.57+」にアップデートされています。Android 5.1 は未だ発表されていませんが、次のことが昨年の時点で伝えられていました。システム安定性の向上「サイレントモード」の再実装RAMマネージメント機能の改善アプリの強制終了問題を修正バッテリーマネージメント機能を改善Wi-Fi機能の修正によってネットワーク使用率を削減Ok,Googleコマンドの機能改善通知機能の問題修正Material Design のカラーパレットの変更(ユーザーからの苦情をもとに対処)システムパフォーマンスの向上に期待できそうなのですが、レビュー者さんは「UI の操作については非常にスムーズでラグも感じられませんでしたが、Nexus 5 のようなハイエンドマシンと比較するとよくない」と述べています。Mito A10 Impact のスペックはかなり低いのでハイエンドマシンと比較するのはアンフェアではありますが、一般的な操作は満足に行える模様です。Source : jurugadget.com


(juggly.cn)記事関連リンク
Googleが広告サービス「AdWords」の公式Androidアプリをリリース、しかし今はカナダでしか利用できず
Samsung、eMMC 5.1 準拠の16 /32 / 64GB NANDフラッシュメモリを開発、Galaxy S 6に採用か?
5.2インチWQHDの「HTC Butterfly 3」の噂が浮上、HTC One M9のAPKリストも公開される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP