ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Galaxy Tab S 2は8インチと9.7インチモデルが存在し、iPad Air 2よりも薄いらしい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近噂されるようになってきた Samsung Galaxy Tab S の後継機種について、iPad Air 2 よりも薄くなっており、前作よりもプレミアム感が増した筐体設計になっていると SamMobile がいつものインサイダー情報として伝えました。同サイトによると、Galaxy Tab S の後継(Galaxy Tab S 2?)では、8 インチと 9.7 インチの 2 モデルの投入が予定されており、意外にも、2 機種とも画面比は iPad と同じ 4:3 らしいのです。iPad / iPad mini とほぼ同じ画面サイズですね。iPad Air 2 の厚さは 6.1mm なので、もしかすると、Galaxy Tab S 2 では 5mm 台の可能性も出てきます。だとすれば、世界最薄記録で Dell Venue 8 7000 シリーズ(6.0mm)を抜くことも予想されます。筐体については、上記のようにさらに薄くなったほか、メタルフレームを採用して高級感も増していると述べています。現行モデルもメタルフレームが使用されているのですが、Galaxy Alpha のように金属部分を増やした可能性があります。Source : SamMobile


(juggly.cn)記事関連リンク
Sony、「SmartEyeglass」のAndroid用コンパニオンアプリをリリース
モバイルプラザ、タブレットの充電も可能な2ポートUSB電源アダプタを発売
Motorola、Moto G(1st Gen)ユーザーにAndroid 5.0アップデートの実施を予告するメッセージを配信

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP