体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

総合的カメラ映像ショー『CP+2015』と参加型写真展『御苗場』

20150215113248_IMG_5533_R

2月15日、パシフィコ横浜に総合カメラショーであるCP+2015と毎年同時開催される写真イベント御苗場を取材した。一般入場登録はしていたが、まずはプレスセンターに出向き、フリーランスライターでも受け付けてくれたので、プレスパスと報道資料を受け取った。

2015-02-15 10.14.30_R

同時に、取材用メモパッドも頂いたので、ありがたく活用することにする。

2015-02-15 12.13.00_R

プレスルームに表示していた主催者発表の14日現在の入場者は速報値で22,462人。過去最多ということだった。かなり盛況だそうだ。今回はカメラマンが同行したので、取材の模様と会場コンパニオンをご覧いただきながら、話を聞いていただこう。

   

20150215114311_IMG_5537_R

報道資料によると、このイベントが横浜で開催されるのは今年で6年目。日本のカメラショーという位置づけから始まったようであるが、すでに50年を超える歴史を持つ。現在では世界をリードする総合的カメラショーとしてビジネス、家族連れ、女性客も多く昨年はおよそ42,000人の動員したそうだ。

 

20150215110715_IMG_5528_R

ここで、世界のデジタルカメラ市場の状況をざっと見ておこう。デジタルカメラの販売台数における日本メーカーのシェアは約85%。レンズ交換タイプのデジタルカメラにおいては約99%という数字が示されている。まさに、世界の写真映像ビジネスをけん引している国であると言える。

 

20150215110633_IMG_5525_R

今回は、”FOCUS!フレームの向こうにある感動”をテーマに掲げ、最新の情報を発信するとしている。

 

20150215110545_IMG_5523_R

さて、カメラメーカーやサプライメーカーの最新製品情報は専門誌をご覧いただくとして、著者が非常に関心を持ったのはデジタルカメラに欠かせないメモリーのブースが入口ど真ん中に存在したことだ。銀塩カメラのフィルムに当たるのはセンサーだが、フィルム枚数はメモリーの容量に他ならない。しかし、半導体素子である電子部品で構成されたメモリーは、そのスピードやデータ保持の信頼性がなければ意味がない。

 

20150215110455_IMG_5521_R

秋葉原に行くと多種多様なSDカードやCFカードが販売されている。そのほとんどは外国製のようだが、信頼性よりも経済性で選択されている感は否めない。そこで、国産メモリーの現状を聞いてみた。

 

20150215110427_IMG_5519_R

教えてくれたのは東芝の技術者。メモリーで一番難しいのが制御らしい。外国製は確かに安いが、ちゃんと試験をしているのかどうかは疑わしく、信頼性という面では不安があるとのこと。

 

20150215110406_IMG_5518_R
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。