ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お湯と一緒にソース入れちゃった!カップ焼きそばの絶望的な失敗から蘇生させる裏技を発見!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


カップ焼きそばを作るとき、うっかりお湯と一緒にソースを入れちゃったこと、ありませんか?
そのまま薄くなったソース味のラーメンとして食べても美味しくないし、湯切りして味を付け直すと味が変わってしまいますよね。
潔い人は諦めてそのまま捨ててしまったりもしているのではないでしょうか。
そんなことしたらもったいない!

実はそんな時、もともとのソースの味をそのままに焼きそばを蘇生させる裏技があるのです!

じゃあどうするか?とにかく全力で煮込む!煮込む!


失敗してしまったらまずお湯の中にソースを完全に出し切り、そのまますべて鍋にぶち込みます。鍋に入ったらあとはとにかくフルパワーで煮込む!全力で煮込む!ただひたすらに煮込むのです!


グツグツと煮込み続けるとだんだん麺がソース色に変わり始めます。それでもまだまだ、水分を完全に飛ばすまで煮込み続けます。


全力で煮込み続けること約8分。水分がすっかり飛び、残った麺はなんだか見慣れた感じになっているぞ…!これぞまさにカップ焼きそば!

麺はちょっと柔らかくなるけど味は完全に復活!蘇生大成功!

最後は鍋からカップに麺を戻し、かろうじてお湯の中に入れずに済んでいたふりかけをかけて完成!

ジャーン!どこからどう見ても通常のカップ焼きそば!
早速食べてみましたが、見た目だけでなく味も完全復活!しっかりソース味です。
劣化した点があるとすれば、当然麺が少し柔らかくなってしまうことですが、それでもお湯を入れた後の待ち時間を少しオーバーしちゃった時とそこまで変わらないレベル。
しかも麺が通常よりも多く水分を含んでいるおかげで、ボリュームもあるように感じます!
いやあ、本当に美味しく食べきることができました。

ここまで上手くいくと、何事も諦めてしまうのは良くないなあと改めて思いますね。
皆様ももしカップ焼きそばでやらかしてしまったら、ぜひこの技をお試しください。
まあソースを入れる段階で気をつけろという話なんですがね。

※この記事はガジェ通ウェブライターの「ノジーマ」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP