ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2014年に出荷されたAndroid Wearスマートウォッチは72万台ほど(Canalys調査)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米国の調査会社 Canalys が 2 月 11 日(現地時間)に公開したウェアラブルデバイスの出荷台数に関する調査結果によると、Google の Android Wear は 2014 年中に 72 万台ほど出荷されたそうです。同社のによると、2014 年に出荷されたスマートウォッチやアクティビティトラッカーを含むスマートウェアラブルバンドは 460 万台なので、Android Wear は 15% を占めていることになります。中でも Motorola の Moto 360 がトップだったとしています。また、スマートウェアラブルバンド全体でトップだったのが意外にも Xiaomi の MiBand。これは昨年 8 月に発売され、これまでに 100 万台が販売されたそうです。MiBand は日本円で 1,300 円程度の格安製品なので、数は出たものの、利益はさほど出ていないものと見られています。Source : Canalys


(juggly.cn)記事関連リンク
Google、身元を知られることなくAndroidで店舗決済できる新サービス「Plaso」をテスト中か?
Android版Google+がv5.0にアップデート
Google PlayストアのWEBサイトにユーザーからの許可を得ることなくアプリをインストールできてしまう脆弱性があると報告される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP