ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ショーン・オブ・ザ・デッド』のボンクラ2人がアニメになった! ディズニー『フィニアスとファーブ』にゲスト出演

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


映画『ショーン・オブ・ザ・デッド』の主人公ショーンと親友のエドが、ディズニー・チャンネルで放送中のアニメ『フィニアスとファーブ』へゲスト出演することが決定しました。

すべての画像が表示されない方はこちら

2004年に公開された映画『ショーン・オブ・ザ・デッド』は、サイモン・ペッグとニック・フロスト、エドガー・ライトの黄金トリオによる傑作ゾンビコメディ。
冴えないボンクラ主人公2人組が住む街で死者がゾンビとなって蘇り大混乱が発生。そんななか、主人公らが“ゾンビの真似をしてゾンビの群衆を突っ切る”などの前代未聞のやり方で愛する人や家族を守ろうと奮闘します。
巨匠ジョージ・A・ロメロの『ゾンビ』を踏襲した本格的なゾンビ要素とユルめのギャグが人気を博し、ゾンビコメディの代表作となっている今作。「ゾンビ映画やホラーはあんまり観ないけど、『ショーン・オブ・ザ・デッド』は観た!」という人も少なくないのではないでしょうか。

そんな『ショーン・オブ・ザ・デッド』の愛すべきボンクラ2人がキャラクターとなって登場するのは、少年2人とペットのカモノハシ・ペリーが活躍するディズニー人気アニメ『フィニアスとファーブ』の特別エピソード「ゾンビの街ダンヴィル」。ゾンビパンデミックにフィニアスたちが巻き込まれるなか、ショーンとエドが映画でお馴染みのファッションで登場します。はてさて彼らはダンヴィルの街で生き残れるのか……!? 放送をどうぞお楽しみに。

しかしデフォルメされた2人、結構可愛いな……。

『フィニアスとファーブ』特別エピソード「ゾンビの街ダンヴィル」

<放送日時>
2月7日(土) 11:30~12:25 (再放送17:00~17:55)

<ストーリー>
ドゥーフェンシュマーツ博士が、「不快なヤツになっちゃうネーター」を開発。このビームに打たれたロジャーが「不快な」ドゥーフェンシュマーツのクローン版ゾンビと化し、ロジャーが接触した人も、次々とドゥーフェンシュマーツ・ゾンビとなってしまいます。そしてダンヴィルの街は、あっという間にドゥーフェンシュマーツ・ゾンビだらけに。フィニアスたちは、ゾンビと化した人たちを元に戻そうと奮闘しますが……。(2014年/米)

(C)Disney

カテゴリー : エンタメ タグ :
レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP