ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

売れないゲーム機『PSP go』をソニーが投げ売り! ソニーですらワゴンセール販売

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

オンラインショップサイトのソニー・ストアが、自社(SCE)の携帯型ゲーム機『PSP go』を20,801円(税込)で販売している事が判明しました。『PSP go』の定価は26,800円(税込)なので、約5,000円の値下げ販売という事になります。

『PSP go』は、スタイリッシュなデザインは好評なのですが、従来のUMD形式のゲームソフトをいっさい使用することができないため、発売当初からまったく売れない状態が続いています。しかも従来の『PSP』より高額なうえに、ダウンロード販売しているゲームソフトも少ない事から、購入に踏み切れない人が多くいるようです。

この値下げ販売は期間限定で、2010年10月18日10時までにソニー・ストアで購入した人だけ20,801円で購入できます。ソニーが『PSP go』の在庫処分をしたいのかどうか不明ですが、一気に5,000円の値下げに踏み切ったことにより、「コレクションとして買ってもいいかな?」と思う人たちが買うかもしれません。

しかし、インターネット上では辛口の意見が多数書き込みされており、「N-1000ってPSP goの型番か。型番にちなんで1,000円にすればいいのに」や「ソニスタでもワゴンww」、「公式ワゴン」と皮肉を書き込みしている人もいます。5000円値下げしたところで買わないと言いたいのでしょうか? 「ソニスタでこんなに割引ってマジでなんかありそうw」や「go買おうかと思ったけど、けいおんとTF5できないからやめたMHP3もあやしいし」という書き込みもありました。

それにしても、このタイミングで値下げをしたのはどうしてでしょうか? 『ニンテンドー3DS』の価格が25,000円と発表されたばかりなので、その影響もあるかもしれません。もしかすると、以前から噂されている『PSP』のスマートフォンが出る前触れなのかも……。とりあえず、『PSP go』が欲しかったけど高すぎて買えなかった人は、これを機会に購入してみてはいかがでしょうか?

画像: ソニー・ストアより引用

■オススメの記事
あまり知られてないけど『PSP go』とPS3コントローラは無線で繋がるんです
値段設定がオカシイと感じる商品って何?「目薬」や「ピザ屋のピザ」等
ネットユーザーが選ぶ! 夜食にピッタリな最強インスタントラーメン
「こんなゲームはやりたくない!」と思わせるゲームタイトルを考える

カテゴリー : ゲーム タグ :
apo mekhanes theosの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP