ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【さっぽろ雪まつりレポート】『アナ雪』から『ラブライブ!』まで“キャラもの雪像”を一挙紹介 妖怪たちが大量発生中! 

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


2月5日(木)~11日(水・祝)まで開催中の『第66回さっぽろ雪まつり』。毎年200万人以上が訪れる冬の一大イベントには、今年も200体を超える雪氷像が立ち並んでいます。その中でも今回は、時代のトレンドを映し出す“キャラもの”の雪像たちをドドドッと一挙にお届け。会場の場所もあわせて紹介するので、雪まつりに参加予定の方は参考にしてみてください。

※すべての画像が表示されない場合はコチラのURLからご覧ください。
http://getnews.jp/archives/804904

雪のスター・ウォーズ/大通西4丁目 STV広場


高さ15メートル、幅22.6メートル、奥行き20メートルにも及ぶ超立体型雪像“雪のスター・ウォーズ”。暗黒卿“ダース・ベイダー”を筆頭に、帝国軍の機動歩兵“ストームトルーパー”、宇宙戦闘機“タイ・ファイター”、そして宇宙要塞“デス・スター”があしらわれています。シリーズ最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の公開が待ちきれないファンたちが詰めかけ、会場全体の中でもひと際にぎわっていました。

ラブライブ!/大通西9丁目


人気テレビアニメ『ラブライブ!』より、穂乃果、ことり、海未の2年生トリオが登場。デフォルメ姿が可愛らしいです。会場に駆け付けたラブライバーたちが、ライブの応援グッズを片手に記念撮影に興じていました。こちらの雪像の近くでは、グッズの物販ブースも出展しています。

大雪像 楽しいサザエさん一家/大通西10丁目 UHBファミリーランド


サザエさん一家が居間で談笑する、なんともホッコリとする風景。こちらも、高さ15メートル、幅24メートルとかなり巨大な雪像です。コタツで眠るタマ、可愛い。

ガールズ&パンツァー/大通西10丁目


人気テレビアニメ『ガルパン』より登場したのは、ドイツ産まれの火力支援用戦車“IV号戦車D型”。割と目立たないところにポツンと立っていたので、見逃さないように注意しましょう。

SNOW MIKU 2015(雪ミク)/大通西11丁目


さっぽろ雪まつりの会場で、2010年から毎年開催されているフェスティバル“SNOW MIKU”。今年も、冬の北海道を応援するキャラクター“雪ミク”が登場です。



近くには限定品の物販ブースがあったり、自動販売機で“雪ミク”仕様の乳酸菌飲料が販売されています。“雪ミク”のデザインは毎年チェンジするので、今年の“雪ミク”は今年のうちに!


なお、今年の“SNOW MIKU”には、『まどマギ』の“キュウべえ”も遊びに来ていました。

市民雪像/12丁目 市民の広場および各会場

毎年さっぽろ雪まつりに華を添える市民雪像。その時代ごとの流行を反映したキャラクターが雪像となって多く登場するのが面白いです。今年の人気はやっぱり、あの妖怪たちでした。



ジバニャン。


ジバニャンとふなっしーが夢のコラボ。




コマさん。


ブシニャン。


ウィスパー。などなど、みなさん人気妖怪たちを続々と召喚していました。



そして、同じく人気が高かったのが『アナ雪』のオラフ。雪だるまのキャラクターなので、そのままな感じですが、キュートな笑顔で子どもたちを虜にしていました。


同じくディズニーからベイマックス。「はじめまして、私はベイマックス。サンフランサッポロ市民の心とカラダを守ります」


『エヴァ』のキャラクターはスタイルが細身なので、意外と技術的にすごいです。


筆者の一番のお気に入り。北海道が誇る大スター大泉洋さん。キャラじゃないけど。

以上! ここでは紹介しきれないほどの雪像が林立しているので、みなさんもぜひ会場に足を運んでお気に入りを見つけてみては?


さっぽろ雪まつり公式サイト:
http://www.snowfes.com/

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP