ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2014年の国内スマートフォン出荷台数は2,770万台で昨年から減少、OS別シェアではAndroidがiOSに抜かれる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

MM 総研は 2 月 3 日、国内における 2014 年 1 月 ~ 12 月の携帯電話出荷台数に関する調査結果を発表しました。同社の調査によると、2014 年の携帯電話全体の出荷台数は 3,828 万台で、前年比では 2.5% 減少しました。このうち、スマートフォンの出荷台数は 2,770 万台で、こちらも前年比 5.3% 減少しました。同社の予測通りですね。スマートフォンについては、上半期の減少率が 13.7% だったので、下半期は持ちなおいたとみられます。また、2014 年 12 月末までの携帯契約者数は 1 億 2,511 万件で、スマートフォン契約数は全体の 52.3% を占める 6,544 万件に拡大しました。フィーチャーフォンの契約数は全体の 47.7% となる 5,967 万件でした。スマートフォンの OS 別シェアでは、Apple iOS がシェア 59.5% となる 1,648 万でトップに返り咲き。昨年トップだった Android は 40.3%(昨年は 45.7%)とシェアを下げました。Source : MM総研


(juggly.cn)記事関連リンク
Nexus 7(2012)モバイルデータ通信モデルとNexus 7(2013)LTEモデルにAndroid 5.0.2へのアップデートが配信開始、OTAファイルのURLも判明
KDDI Mobile、Sony Mobileのエントリーモデル「Xperia E3(D2206)」と「Xperia M2 Aqua(D2406)」を発売
Microsoft、Bing 画像を背景にしたAndroid用ロック画面アプリ「Picturesque Lock Screen」をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。