ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

単3乾電池対応で最高クラス1400万画素デジタルカメラ 『FinePix AX250』発売へ

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

FinePix AX250


富士フイルムは、単3形乾電池対応のコンパクトデジタルカメラ『FinePix AX250』を10月23日より発売します。単3形乾電池対応モデルでは、最高クラスの有効画素数1400万画素のCCDと、広角28mmからの『フジノン光学式5倍ズームレンズ』を搭載。ハイビジョン(HD)動画撮影にも対応しており、旅先のお供に小回りのきくモデルです。価格はオープン。

『FinePix AX250』は、外出先や旅先で入手しやすい単3形乾電池に対応しながら、薄さ27.8mm(最薄部21.9mm)のコンパクトボディを実現。有効画素数1400万画素、最高感度ISO3200で、ノイズの少ないクリアな高画質・高感度撮影が可能です。HD動画撮影(1280×720)や、16:9の静止画撮影にも対応し、別売のHDプレーヤー『HDP-L1』を使用すれば、撮影した動画・画像を大画面のHDテレビで観賞することもできます。

広角28mmからの『フジノン光学式5倍ズームレンズ』を搭載し、室内の集合写真や屋外の広がりある風景を広い画角で撮影可能。また、被写体に合わせてカメラが自動的に撮影条件を判断する『シーンぴったりナビ』と顔検出機能『顔キレイナビ』の“Wナビ”で、フルオートできれいな写真が撮れるのも魅力です。失敗しがちな逆光や夜景などの条件下でも、背景と人物の両方を明るく撮影できるようにサポートします。

検出された人物の顔にピントを合わせて露出を調整する『顔キレイナビ』は、最大10人までを一度に検出可能。『自動赤目補正』機能では、自動で高速・高精度の補正を実現しました。顔部分の拡大表示によるピント確認や、顔を中心としたスライドショーやトリミングもできるので、大切な記念写真撮影時のまさかの失敗を防げます。

また、画角を変えて撮影した3枚までの画像を自動でつなぎあわせて、1枚のパノラマ写真として保存する『パノラマモード』や、一度のシャッターでフラッシュあり/なしの2枚を連続撮影する『高感度2枚撮り』、被写体ブレ/手ブレを軽減する『電子手ブレ機能』のほか、日付やシーン、顔、画像タイプ別で検索できる『ピクチャーサーチ』など、多彩な便利機能を搭載しています。サイズは、W93.0×H60.2×D27.8mm、重さ163g(電池、メモリーカード含む)。
 
 

■関連記事
【クリスマスおもちゃ見本市2010】子どもが乱暴に扱っても大丈夫! タフでかわいいデジカメ『キッズ・タフ・デジタルカメラ』
ニコン『COOLPIX』シリーズの新製品 『S80』『S8100』『P7000』をまとめて紹介
ニコンが新開発CMOSセンサーなどを搭載したデジタル一眼レフカメラ『ニコン D7000』発売へ
キヤノンがハイアマチュア向けコンパクトデジタルカメラの新製品『PowerShot G12』発売へ
5980円! タカラトミーが3Dデジタルトイカメラ『3D Shot Cam』を発売へ

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。