ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Huawei、2014年は7,500万台のスマートフォンを販売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国の Huawei が 2014 年通期のスマートフォン販売台数を発表しました。Huawei の発表によると、2014 年のスマートフォン総販売台数は 7,500 万台で、前年同期から 45% 増加しています。Xiaomi や Lenovo などの急成長が取沙汰される中、この 2 社よりも長くスマートフォンを販売している Huawei も好調のようです。大まかな内訳は、昨年のフラッグシップモデル「Ascend P7」は発売から 6 か月で 400 万台売れたそうです。また、大画面の「Ascend Mate7」は発売から 3 か月間で 200 万台売れたそうです。Huawei は主に中国市場で「Honor」ブランドを展開していますが、Honor シリーズは今年 2,000万台の出荷台数を記録したそうです。その内訳は、最安モデルとなる「Honor 3C シリーズ」が 800 万台、その上位の「Honor 3X シリーズ」が 400 万台、「Honor 6 シリーズ」が 300 万台とされています。Honor シリーズは安さが売りなので、低価格市場が急速に普及している中国でこれだけ売れるのはある意味当然だと思います。Source : Huawei


(juggly.cn)記事関連リンク
XiaomiのCEOがRedmi 2の2GB RAM + 16GB ROMモデルの発売を表明
Twitter、モバイルアプリにグループチャット機能とアプリ内蔵カメラによる動画撮影・共有機能を追加
Project Araのディスプレイモジュール、カメラモジュール、オーディオモジュールなどが公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP