ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

なんで勉強しなきゃいけないのか? 「お前らのためだから」についてまじめに考える

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

長屋の花見〜ほうじ酒〜

今回はsyakiさんのブログ『長屋の花見〜ほうじ酒〜』からご寄稿いただきました。

なんで勉強しなきゃいけないのか? 「お前らのためだから」についてまじめに考える
1・その勉強は勉強じゃない
最初に、学生諸君には真実を伝えよう。学校で机に向かってやるアレ。アレの半分は、実は“勉強”ではない。残りの半分。それは“勉強の訓練”。

少し考えれば分かるが、なんにだって訓練は必要なんだ。サッカー・イラスト・ギター・PCの組み立て……世の中の技能の全ては、訓練があって初めて本番で成功する。机に向かって漢字を100回書くことだって“勉強の訓練”に過ぎんのだ。

では、“勉強の訓練”があるなら“勉強の本番”とは何か? それは“大人になってからやる勉強”だ。

2・じゃあ大人はどうして勉強するのか?
学生諸君にはそう見えないかもしれないが、大人は勉強する。それが毎日なのか年一回なのかは人によって違うが、大人だって勉強する。なぜか? それは自分の望みをかなえるためだ

希望。願望。欲望。野望……。大人には色んな望みがあり、それをかなえるために自分を改造したり、周りの環境を変えたりする。そのために必要なのが“勉強の本番”だ。大人に与えられる“勉強の本番”は、非常にシビアだ。時間は限られてるし、再トライするチャンスもない場合が多い。自己採点が満点でも相手がバツを付ければおしまいだ。つまり“勉強の本番”は、効率的で効果的なものじゃないと全てが無駄になってしまう。

で、その勉強方法なんだが……これは、自分で編み出していくしかない。自分にピッタリ合う勉強方法を一日でも早く自力で見つけて、それを試してみるしかないんだ。しかし、さすがにそんなオーダーメイドな勉強方法なんて学校では教えられん。そこで学校では、これをやっとけば“大多数の人にある程度の効果”があるという、完ぺきには程遠いが及第点レベルの勉強方法ってのを使って、生徒に“勉強の訓練”をさせることにした。

これが学校で習う“読む・聞く・書く”なわけだ。「英単語を10回ずつ書け」と先生は言うだろう。これは「10回書く”ことが目的ではない。正確には“目的は英単語を憶える事。そのために10回まで書いていい」であり「憶えられなければもう10回書け」なんだ。

・まとめ
大人は望みをかなえるために勉強する。より効果的に勉強する。そのためには、目の前の問題をいかに手際よくクリアするかを、自分で研究して訓練することが必要だ。つまり、何で勉強しなくちゃいけないか? それは自分の脳みそを早めに研究して訓練するため。

3・望みもなく勉強をするために
「自分には勉強することでの望みはない。大人になってからじゃないと分からない」

そういう人は多いだろう。その通りだ。大人式勉強法は目標がないと使えない。そこで、大人は目標なき子供たちにも研究と訓練をさせる方法を考えた。

一つは“褒美式”。一定条件(=目標)を満たせば何かをプレゼントする方法だ。夏休みの宿題が終ったらディズニーランドに連れて行くとかがこれに当たる。欠点は、この訓練でどれくらい成果が出たのかがはっきり分からないところだ。また、宿題をコピペで済まされては“勉強の訓練”にならない。

もう一つは“ゲーム式”。全てにポイントを付け、面クリアした時点でどれくらいのポイントを稼いだかを集計する方法。これなら自分の実力や他人との比較が全て数字で表されるので判りやすい。これをテストと呼ぶ。テストが“先生が生徒を試す紙切れ”とか思ってる人、多いだろうなあ。でもこれは大間違い。大人の世界でテストってのは、自分の作ったものが思いどおりに動くかを試すことだ。学力テストってのは、“生徒自身が、今の訓練方法が自分に合っているかを試す”ためのゲームなんだ。

テストと勉強の嫌いな学生諸君。テストは最初からあった物じゃなく、苦手な君たちのために作られた仮の目標で、逃した部分は重点的に訓練できるように作られたゲームだ。そしてその全ては単なる手段であり、目的は大人になったときに欲しいものを手に入れるためなんだ。

執筆: この記事はsyakiさんのブログ『長屋の花見〜ほうじ酒〜』からご寄稿いただきました。

文責: ガジェット通信

■最近の注目記事
コンテンツビジネスのリアル店舗型ビジネスの終焉(しゅうえん)を予感させる米最大のビデオレンタル ブロックバスターの破たん
電話とメールの違いは“同期”か“非同期”かの違い
『アイドルマスター2』事件が象徴する何か
オードリー若林の目標設定の妙技
高校野球 選手を守らず“教育”とは片腹痛いね

寄稿の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。