体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ATOK Pad for iPhone』の発表会で開発の秘密を聞く! 9月22日にAppStoreで発売

ジャストシステム福良伴昭社長

昨年のジャストシステムの発表会の際にロードマップに組み込まれていたiPhone向け『ATOK(エートック)』だが、本日その発表会が青山ダイアモンドホールにて行われた。ガジェット通信も取材に行ってきたので、その模様をお届けしたい。

――新たな入力方式
今までのiPhoneのフリック入力以上に使いやすい入力方法として以下のものを提案したい
・リボルバータッチ
 従来のフリック入力に非常に似ているが、上半分に確定文字が集約されており指で隠れることが無い。
・ダブルトリガーキーボード
 左で「あ、か、さ」などを選び右で入力をするという入力方式。慣れれば非常に早く文字入力が出来るという。

以上の新たな入力方式が提案された。もちろんおなじみのフリックやQWERTY入力操作も選べる。

リボルバータッチ

――優れた削除機能にカーソルキー
さらにこれでだけではなく、細かい点でも気が利いている。
・カーソルキーの配置 …… 従来は戻ったり上段に行ったりするのにタップ操作が必要だったが、細かい文字へのタップが必要なくなりカーソルにて操作が可能になった。
・優れた文字削除 …… 文頭まで一気に削除してくれる機能や単語ごとに削除してくれる削除機能が備わっている。今までの削除機能の場合は削除長押しが必要だったがこれは楽ちん。

――ATOKらしい機能の数々
ATOKといえば定型文にユーザー辞書だろう。自分がよく使う辞書をユーザー辞書に登録しておくのが通の使い方。そんな使い方がこのアプリでも可能となっている。またWindows版やMac版の辞書をインポートすることも可能となっている。今までの辞書を引き継ぐことが可能だ。

試用版を使ってみた

――無駄に拘ったデザインや効果音
発表会でも何かと話題になったデザインと効果音。デザインは4つから選ぶことが可能。そして入力時の無駄に拘った効果音もピアノ、銃声、キータッチから選ぶことが可能。

――『ATOK Pad for Windows』が本日より提供開始
iPhone版だけでなくWindows版の『ATOK Pad for Windows』も9月21日より提供開始された。こちらatok.comにてダウンロードが可能。またMac版も今後提供されるとのことだ。

――『ATOK for Android』発表!
Androidユーザーに朗報! ATOKがAndroidにやってくるぞ。しかもアプリとしてではなくIMEとして提供されるので、iPhoneユーザーよりかなり嬉しいかもしれない。iPhoneユーザー涙目……。またAndroidはオリジナルのジェスチャー入力『フラワータッチ』を採用しているとのことだ。こちらは11月にトライアル版が無償で提供される予定。AndroidユーザーかつATOKユーザーはもう少しの辛抱だ。

ATOK for Android

今回発表されたのは“IME(日本語入力)”としての『ATOK』ではなく、アプリによる『ATOK Pad for iPhone』だ。いわゆる、メモのようにサクサクと文章を書くことが出来るというアプリソフト。
iOS4の制約上まだIMEをATOKにすることが難しいという。とは言っても開発を諦めたわけでは無い。いつの日かATOKが登場するだろう。本日発表された『ATOK Pad for iPhone』は9月22日にAppStoreにて発売される。アプリの値段は1200円だが9月26日までに購入すれば900円になる。

1 2次のページ
ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。