体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【高松軍曹がいく!】サバゲーフィールド訪問”デザートストーム川越”

DSC_0192

やはり軍曹には戦場が一番似合っている。

血に飢えた軍曹は埼玉県川越市にあるデザートストーム川越というサバイバルゲームフィールドにやってきた。

「WRYYY!! 今日も暴れまくってやるぜ!!」

今回はここ、デザートストーム川越の特徴について語っていこう!

市街地エリアと砂漠エリア

デザートストーム川越は市街地エリアと砂漠エリアの2つが存在する。

DSC_0190

こちらは砂漠エリア。

砂漠エリアには、ぼこぼこと山があったりバリケードがあったりする。

今回は前日が雨だったのか地面がぬかるんでいた。スタートダッシュで市街地側のチームに遅れを取ってしまう。

しかし、

「だったら攻めるのではなく防衛戦として楽しもうじゃないか!」

といった具合に、一見悪条件に見えることすら楽しみとして取り込めてしまうのがサバゲーのいいところだ。

DSC_0192

市街地エリアには、建物がたくさん建っている。

地面もきちんと整備されていて、こちらはぬかるんでいなかった。

建物の中は安全に見えるが、弾が壁にあたって跳弾してヒットになることもあるので一概にそうとは言い切れないところがある。

2チームでの対戦で、市街地側・砂漠側スタートを交互に繰り返していく。

各陣営のフラッグ

DSC_0171

砂漠側と市街地側の端の方にはそれぞれフラッグホーンがある。

この日は近くでショップを開いている”ケイ・ホビー”さん主催の定例会。

初心者の方も多く来られるということで、シンプルな”フラッグ戦”がメイン。

先にこのフラッグホーンにタッチして音を鳴らしたほうが勝ちというルールだ。

出迎えてくれるのは……?

“デザートストーム川越”に入って真っ先に出迎えてくれるのがこちらだ。

DSC_0185

両腕を失い、アコースティックギターをぶら下げているザクである。

両腕を……?失い……?

ギターが弾けねえじゃねえか!

歯ギターか!? 足ギターか!?

あったかあったか

冬の寒い日でも寒さに凍えることなく過ごせる環境がある。

DSC_0173
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。