体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本の3DCGが目指す先とは? 荒牧 神山監督が語る新『アップルシード』

日本の3DCGが目指す先とは? 荒牧 神山監督が語る新『アップルシード』

左から、神山健治さん、荒牧伸志さん、氷川竜介さん

本編画像 Motion picture (C) 2014 Lucent Pictures Entertainment Inc./Sony Pictures Worldwide Acquisitions Inc., All Rights Reserved.Comic book (C) 2014 Shirow Masamune/Crossroad
『攻殻機動隊』などで知られる士郎正宗さんの伝説的SFコミックを原作とした劇場版3Dアニメ『APPLESEED α(アップルシード アルファ)』が、1月17日(土)から全国で公開される。

公開を週末に控えた1月13日、「ぴあ映画生活チャンネル」のニコニコ生放送では公開記念特番を実施。本作の監督である荒牧伸志さんをはじめ、『攻殻機動隊 S.A.C.』シリーズや『009 RE:CYBORG』を手がけた神山健治さん、アニメ・特撮研究家の氷川竜介さんという、豪華ゲストの共演が実現した。

3名によるトークでは、フル3DCGアニメーション作品としての技術的なポイントや、かつて荒牧監督が手がけた劇場版『アップルシード』前2作との違い、さらには日本でも盛り上がりつつあるアニメ制作におけるCG表現の可能性にまで言及。

長年のファンはもちろん、『アップルシード アルファ』からシリーズに触れる視聴者も楽しめる、内容の濃いトークが繰り広げられた。

「アップルシード アルファ」本予告

前日譚としてのリブート セルルックから実写的表現への挑戦

Appleseed-Alpha-Approved-Shot-1-Press-Release_01

続編ではなく、あくまでも“ゼロからのスタート”」──それが、番組冒頭、荒牧さんが示した本作の位置づけだ。

「理想都市・オリュンポス」や「人類再生計画」といった、シリーズを通じて語られる要素を一度排除し、主人公の女性・デュナンとその恋人の全身サイボーグ男・ブリアレオスにフォーカスした、いわば原作の前日譚にあたる物語が『アップルシード アルファ』だという。

エンターテインメント性は重視しつつも、サイバーパンク的な退廃性なども取り入れ、前日譚として独自の解釈が施されている。随所に原作の要素も散りばめられた本作は、海外では2014年に一足早く公開済み。世界的に熱烈な支持を集める士郎正宗作品の3度目となる劇場アニメ化だが、ファンからは高評価を得ているようだ。

s018c013_v02_00025

2012年には自身も『009 RE:CYBORG』でフル3DCGに挑戦した神山さんは、本作のCG表現に言及、「すごく見やすかった」と語った。『APPLESEED』(2004年)、『EX MACHINA -エクスマキナ-』(2007年)と比較して、より実写に近い「フォトリアル」という表現手法の進歩を実感。ライティングの面白さなど、従来のアニメ表現とは異なる魅力を感じたという。

荒牧さんとしても、「以前は、日本ではアニメっぽさを残す“セルルック”が主流だったけど、今回は実写的な見せ方でどこまでやれるのか?」と、挑戦的な部分があったようだ。

まさにそのセルルック表現の最前線を提示した『楽園追放 -Expelled from Paradise-』の監督・水島精二さんから、本作に対して「萌えを廃したキャラクター造形」とコメントされたことも明かした。

s057c022_v01_00095

一方、氷川さんは「ピクサーが切り拓き、世界の潮流となっているフォトリアル表現に反して、日本だけがセルルック」と、現在のアニメのトレンドを解説。

とはいえ、CGによる人間の表現にはどこも苦労しており、リアルさを追求する過程で見ている方が気味悪く感じてしまう“不気味の谷問題”の解決には至っていない。だからこそ、フォトリアルで人間を表現した本作の価値は高いという。

氷川さんも、神山さん同様、ライティングを「凝っている」と高評価。加えて、光を通じて表現される質感の違いは、「フィギュアファンやミリタリーオタクにとっては大きな見所になるのではないか」と話した。

キーワードは視線誘導──胸部の露出度が高い理由とは?

s016c002A_v01_00072

最も盛り上がっていたのが、デュナンのコスチュームに関する「なぜ胸だけアーマーがないのか?」という話題。こうした声は海外からも多く寄せられているようで、荒牧さんいわく「もともとはもっと露出度は高かった」という。

当然、士郎正宗さんからNGを出され、その都度「ズボンを履かせて、肩のアーマーを足して……」と、順番に着せていった結果、現在のデザインに落ち着いた。ただし、「(今の状態で)OKが出ていたかは怪しい(笑)」とのこと。

1 2次のページ
KAI-YOU.netの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy