ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【まるでSF】頭を保護するだけじゃない!AR搭載のハイテク作業現場用スマートヘルメット

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
DAQRI

さまざまなシーンで活躍するウェアラブルテクノロジーが次々と登場している。専門職業の人に特化したウェアラブルも見られるが、「DAQRI Smart Helmet」もそんな1つ。AR(拡張現実)技術を手がけるDAQRIが開発したもので、ARを搭載したスマート産業用ヘルメットである。

大きな機械を取り扱う場所や建築現場などでは、頭を保護するために固いヘルメットを身に着ける必要がある。「DAQRI Smart Helmet」は頭を衝撃から守る役割だけでなく、現場の作業進行などを把握する便利な機能が満載だ。

目を保護するひさし部分は、透明なディスプレイでもあり、さまざまな情報を映し出す。ヘルメットには360度の視界を網羅するよう、数台のカメラが搭載されている。現在地などをマップ表示したり、周囲環境の温度や光の明るさレベルなどの測定データを検出する。

DAQRI2

ヘルメットのディスプレイには、現在おこなっている作業に関連したデータがオーバーレイ表示される。例えば、ヘルメットを装着しているユーザーが、ある機械のメーターを目視すると、測定値のほか正常値などの関連するデータが呼び出される。測定されたデータはそのまま記録され、後にデータを閲覧したり、他ユーザーとシェアすることが可能だ。

またヘルメット内のセンサーが、ユーザーのジェスチャーや音声を認識するようになっており、作業の手を止めることなく、ヘルメットに指令を送れるという。スマートウォッチと連動させることもできるので、いちいちポケットからスマートフォンなどのツールを取り出して、作業手袋を脱いでボタンをタッチする、なんていう手間も要らない。

まさに作業現場にピッタリなスマートヘルメット。このように使用場所やシーンに特化したウェアラブルは、今後ますます増えていくのかもしれない。

DAQRI Smart Helmet

カテゴリー : デジタル・IT タグ :

Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。