ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【最強】ラーメン二郎マニアが絶賛する「絶対に美味いラーメン二郎ランキングベスト3」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本のラーメン界の王様といえば、ラーメン二郎だ。異論は認めない。なぜならば、ラーメン二郎好きの10人中10人が「ラーメン二郎が好き」と返答するからだ。

ラーメン二郎には複数の店舗があるが、あらゆるラーメン二郎を食べ歩いたラーメン二郎マニアとして、「絶対に美味いラーメン二郎ランキングベスト3」を発表したいと思う。

・絶対に美味いラーメン二郎ランキングベスト3
1位 ラーメン二郎 八王子野猿街道店2
大ラーメンの全部マシマシ。有料トッピングは、うずらの卵、BB(魚粉)、しょうが、たまねぎたまごである。もちろん無料トッピングは全部マシマシ。

ごっつい麺がバキボキ食感で最高。シャキシャキとしたモヤシは、最初はプレーンな状態で食べ、あとからスープをかけて食べると味にメリハリが出て最高。魚粉がスープと共にモヤシにからんでいき、一気に万人受けする味に変わるのだ。生卵をといた液はスープの強い味をマイルドに変化させる役割をしている。

隣の客に聞こえない声で「二郎ちゃん美味しいね……」「二郎ちゃんの味だね……」と呟きつつ食べる。そうする事で、ラーメン二郎で食べている幸せを心に刻み込む事ができ、美味しさが倍増したように感じる(本当)。

2位 ラーメン二郎 横浜関内店
とにかくニンニクが前面に押し出てきてかなり辛い。しかし、その辛さがいい。嫌じゃない辛さ。ガツンとくるニンニクが荒くみじん切りにされているため、ワイルドな食感と辛さを受ける。

チャーシューは脂身が多く厚切りで、三田本店と近い。しかし、横浜関内店でなければこのチャーシューの旨味は出せない。なぜなら、独特な麺の旨味がチャーシューの肉汁をたっぷりと混ざり合い、豪快な濃さを出してくれるからだ。

3位 ラーメン二郎 京急川崎店
男盛りは丼が特別仕様で青い丼に入っている。通称「青丼」。トッピングを全部マシマシで注文しても、日によって量にブレがあると言われている。今回はやや少なめかもしれないが問題ない。大丈夫だ。写真では普通に見える丼だが、実物はかなり巨大である。

男盛りを注文するとロット乱しになるのではと不安がる客もいるようだが、そんな事はない。どんな状況でも京急川崎店のシェフならしっかり茹でてくれる。彼らはラーメンのプロ中のプロ。いわゆるプロの中のプロだ。

京急川崎店の麺は、他店より麺がソフトで食べやすい。チュルンと入ってくるので満腹中枢が刺激される前に食べきれてしまう。スープはラーメン二郎の味を守りつつ、きりっとしたしまりのある刺激が良い。

以上、「絶対に美味いラーメン二郎ランキングベスト3」であった。残念ながら三田本店はランクインしなかったが、けっしてまずいわけじゃない。むしろ美味い。

三田本店がランクインしなかった理由、それはただひとつの理由。飛び立っていった弟子たちが成長しているからだ。

詳細を読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP