体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

西のサブカル発信地! 話題のスポット“ウラなんば”が舞台の映画『味園ユニバース』

エンタメ 映画
サブ3(WEB用)

『リンダ リンダ リンダ』『苦役列車』『もらとりあむタマ子』など、オリジナリティ溢れる青春を描くことに定評のある山下敦弘監督が、大阪を舞台に、音楽をふんだんに使った人間ドラマを描いた最新作『味園ユニバース』が2月14日より公開。

ペ・ドゥナ、夏帆&岡田将生、前田敦子など、演者の魅力を最大級に引き出すことに定評のある山下監督が、本作の主演に選んだのは関ジャニ∞の渋谷すばる。大人気アイドルとして、俳優として、高く評価されながらも、歌い手であることにこだわり続けてきた彼は、本作で「歌しか記憶がない男」というキャラクターと出会い、満を持して主演に挑みます。

共演は、『ヒミズ』『私の男』などで国内外問わず高い評価を受け、弱冠20歳にして日本映画界に欠かせない女優となった二階堂ふみ。 渋谷演じる記憶喪失の男を拾って‘ポチ男’と名付け、自分の家に住まわせる逞しくも一風変わったヒロイン・カスミを演じ、唯一無二の存在感を放っています。そして、本作にはカルト的な人気を誇るバンド「赤犬」も全編に渡って登場。二階堂ふみちゃん「おっさん達」呼ばわりされる赤犬メンバーたちは、ハッキリ言って超・萌えます(そしてアナタがふみちゃんに叱られたいおっさんなら、この映画最強にご褒美です)。

味園

本作の舞台となるのは、タイトルの通り「味園ユニバース」。「味園(みその)」は1955年(昭和30年)に開業した、大阪市千日前に建つ、飲食店・大宴会場・ホテル・マッサージなどが入る歓楽街が1棟に集約されたようなビルの名前。赤と青の渦巻き形ネオンで浮かび上がる「味園」という巨大看板が目印にもなっている建物です。

ユニバース MS_5236

このビル内につくられた老舗の豪華キャバレーが「ユニバース」。高度成長期時代に突入した日本では、当時キャバレーが各地で沢山登場していたが、中でも「ユニバース」はその名の通り宇宙空間をテーマにした独特の趣向が凝らされ、規模も日本最大級のもので、大変な人気に。

1 2 3次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会