ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

少女漫画のような大きな目 美味な珍魚「めひかり」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

あけましておめでとうございます。

といいましても、ライター業は、盆も正月もなく、ゆるゆると仕事をしております。

僕はフードコーディネーターの仕事もしているので、この時期は、いろんな食材が送られてくるんですが、「めひかり」を炙りながら、日本酒を傾けつつ仕事をしています。

名前からして分かるように、目が大きいですよね。水深200~700メートルの深いところに住んでいる魚です。暗がりで見ると、目が青緑色に光ることもあります。

まじまじとみると、なんか、昭和の少女漫画のヒロインみたいな顔立ちです。

個人的には美形な魚だと思ってるんですが、味も非常によろしい。

いろんな食べ方がありますが、本当にくせがないので、軽く塩を振って、グリルかオーブントースターで炙ると

非常に美味です。

魚臭さがなく、白身で、かつ独特の旨味があるので、日本酒や辛口の白ワインによくあいます。

ハイソな読者の皆様には、オイルフォンデュみたいな召し上がり方もよいでしょう。

メヒカリのオイルフォンデュのレシピを書いておきますね。

メヒカリのオイルフォンデュ

1.めひかりをよく洗って、水気を切ります。市販の唐揚げ粉を振って、余分な粉を落とします。

2.めひかりに金串かカツオ串(竹で出来た使い捨ての串)を打つ。

  ※この時、魚が体をしならせて泳いでるようにすると美しいですし、串から抜け落ちにくいです。

3.小型の天麩羅鍋か、フォンデュ鍋にオリーブオイルを注ぎ、にんにく一切れを入れ、160度くらいの温度に保つ。

4.酒と会話を楽しみながら、串を打っためひかりを3分ほどオリーブオイルの中で泳がせていただく。

召し上がる時は、小皿に盛った塩にちょっとつけるとか、抹茶を混ぜた塩、ゆずを混ぜた塩などを用意すると、お正月らしくて楽しめると思います。骨がやわらかくて、そのまま食べられますから、お子さんでも嫌がらずに食べてくれると思いますよ。

また、唐揚げ粉の中に、粉チーズを少し加えると、ワインはさらに味が引き立つ気がします。

さてさて、この「めひかり」ですが、正確には「アオメエソ」という魚で、もともとかまぼこの材料にする「エソ」という魚の仲間らしいですね。なるほど、白身でクセがないはずです。

白ワインは、好みがありますが、モンテス・アルファ・シャルドネが2000円しないですし、さっぱりとしていて、魚の旨味を包み込むような風味なので、合うかなと思います。(もちろんお好みでしょうけど)

日本酒も、様々な銘柄があいますが、浦霞の本醸造が、米の香りを魚の旨味が包みながらさっぱり洗い流してくれるので、個人的にはおすすめです。

水深200~700メートルに住んでいるせいか、毎日、スーーパーで見かけることはないですが、なじみも薄いせいか、お安く売られてる時も多いようです。

正月の酒の肴には、お得な魚ですよ。ぜひお試しください。

※この記事はガジェ通ウェブライターの「松沢直樹」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP