ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【年末年始はお家で映画】編集部のオススメ作品・番外編/ホラー&サスペンス編

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

さて、ガジェット通信では「年末年始はお家で映画」ということで、

【年末年始はお家で映画】編集部のオススメ作品/“ほろ酔いお酒映画”編
http://getnews.jp/archives/748418[リンク]
【年末年始はお家で映画】編集部のオススメ作品/“頭をカラッポにして観たい映画”編
http://getnews.jp/archives/748462[リンク]
【年末年始はお家で映画】編集部のオススメ作品/“観なきゃ損な名作”編
http://getnews.jp/archives/748474[リンク]
【年末年始はお家で映画】編集部のオススメ作品/“親子で安心して楽しめる映画”編
http://getnews.jp/archives/748731[リンク]

とお送りして来ましたがいかがでしたでしょう?

今回は番外編(!?)としてホラー&サスペンス映画のオススメをお送りします。

ホラー系こそイッキ観がオススメ!?

今回、オススメを選ぶ上で「13日の金曜日」「エルム街の悪夢」「チャイルドプレイ」などなど、「ホラー系こそシリーズイッキ観がありかな……」なんて意見がございました。
「13日の金曜日」はシリーズ10作以上。「エルム街の悪夢」も7作あって、それぞれの主人公であるジェイソンとフレディが対決する「フレディVSジェイソン」なんていう作品も。そして両作品とも数年前にリメイクされております。「チャイルド・プレイ」も5作あり、それらを全部イッキ観したら……と考えただけでホラーであります。
では、それ以外でのオススメ作品をいくつか。

ミスト

スティーブン・キング原作のホラー映画。バッドエンドの代表格として名高い映画であります。後味の悪さは折り紙つきで、正月早々鬱になりたい人にオススメ。「ミリオンダラー・ベイビー」や「セブン」と一緒に観ると、こうかはばつぐんだ!

シャイニング

こちらもスティーブン・キング原作。ジャック・ニコルソンの怪演とスタンリー・キューブリックの映像美に酔いしれましょう。“Here’s Johnny!”のシーンはあまりにも有名ですね。

ミザリー

スティーブン・キング原作をもう一個。この作品でアカデミー主演女優賞を受賞したキャシー・ベイツがホントもうマジで怖い。

サイコ

ヒッチコック監督の1960年のモノクロ映画で、サイコ・ホラーの古典的名作。映画を観た後には”サイコ”という言葉の受け取り方がこれまでとちょっと違ってくるかも。

オーメン

2006年にはリメイクもされた名作。6月6日午前6時に誕生した頭に「666」のアザを持つ悪魔の子ダミアンを巡る物語。映画全編に漂う雰囲気が不気味でなんとも怖い。というか7月7日午前7時で「777」のアザだったらよかったんでしょうか。続編の『オーメン2/ダミアン』もオススメですが『オーメン/最後の闘争』は正直「ん~?」という感じ。

いかがでしたでしょうか?
それでは皆さん、楽しい年末年始をお過ごしください。

※画像は『シャイニング』のDVDジャケット

Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP