ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android 5.0.1(LRX22C)からAnddroid 5.0.2(LRX22G)の変更内容が判明

DATE:
  • ガジェット通信を≫

昨日、Nexus 7(2012)Wi-Fi モデルに対してリリースされた Android 最新版「Android 5.0.2(LRX22G)」について、Google はこのバージョンにおける変更内容を公式には発表していませんが、いつもの Funky Android で AOSP へのコミットを基にした差分情報が公開されました。現在のところ、Android 5.0.2 は Nexus 7(2012)Wi-Fi にしか配信されていません。差分情報によると、Nexus 7(2012)Wi-Fi には(grouper)には 4 点の変更が加えられた模様です。そのうち、SD カードをエミュレート処理を 2 スレッドから 4 スレッドに変更したことや、カーネルの SLAB アロケーターを SLUB に戻したこと、GFX Bench の一部のテスト項目のサポートを改善するなどの変更を加えるなど。パフォーマンス面を改良した模様です。また、システムレベルで実装されている fstrim コマンド(ストレージ内の未使用ブロックが定期的に一括消去する機能)の実行サイクルも変更しており、こちらもストレージの I/O 性能を高めてくれると期待されます。下記の差分情報は Android 5.0.1(LRX22C)から Android 5.0.2(LRX22G)までのものです。Source : Funky Android


(juggly.cn)記事関連リンク
1shopmobileが「BlackBerry Passport」のホワイトカラーの販売を開始
フォーカルポイント、Android対応のワイヤレス魚群探知機「Deeper」を発売
Sony Mobile、Xperia向けのAOSP版ソースコードをAndroid 5.0.1ベースにアップデート

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP