ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

漫画雑誌からツマラナイ漫画が消えないワケ判明

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

「どうしてこんなにツマラナイ漫画が消えないの?」なんて思うことはないだろうか? ヤングジャンプ、ヤングマガジン、ヤングアニマル……。いろいろな漫画雑誌はあるけれど、ときどきツマラナイ内容ながら、いつまでも連載終了になることなく載り続けている漫画がある。

どうしてツマラナイのに連載が終わらないのか? そのことについて、匿名ということで青年漫画誌の編集者にお話をうかがった。どうしてツマラナイのに続いているんですか?

取材班:
どうしてツマラナイ漫画が連載を続けることができるのでしょうか。

編集者:
ツマラナイ漫画をツマラナイと思っているのは、だいたいが漫画好きな人なんですよ。特に好きでも嫌いでもない、もしくはやや好きという人は、ユルい漫画を好む傾向にあります。それゆえ、漫画に対してのこだわりを強く持っていないので、ギャグがつまらないとか、絵がヘタとか、どうでもいいんです。流し読みをしてクスッと笑えればいいんですよね。

取材班:
なるほど。でも、そんな人たちが漫画雑誌を買うんですか?

編集者:
買います。熱狂的な漫画ファンより、よい意味で惰性で漫画雑誌を買っている人が多いと思います。特にそういう人たちは青年漫画誌を買っていますね。だから青年誌にツマラナイけど連載が続く漫画が多いのです。もちろん、編集者もオモシロイとは思っていませんよ。でも、読者のニーズという点ではそういうツマラナイ漫画も必要なんです。

取材班:
納得できないのが、つまらないよりオモシロイほうがいいと思うのですが。そういうオモシロイものばかりの漫画誌のほうが売れるんじゃないでしょうか。

編集者:
それもひとつの方法としてあるでしょうが、こった漫画ばかりになると読者が疲れるんですよね。それに、読者がついていけなくなったり、途中から漫画雑誌を買うようになった読者が入りにくい。よって、マニアックな漫画になってしまいます。たとえば、私はアニメの『サザエさん』をすごくオモシロイとは思いません。でも、嫌いでもありません。でも続いています。なぜ続くか? それにはいろいろと理由はあるでしょうが、続いている理由のひとつは、放送していると安心するからなんです。漫画雑誌も同じで、めちゃくちゃオモシロイわけではないけど、いつもこの漫画雑誌に載っている。そんな漫画も必要なんですね。

取材班:
なるほど。でも、ツマラナイ漫画は人気漫画のアンケートでも最下位になるのでは?

編集者:
なりますよ。なりますが、それで終わりということにはなりません。人気はないしツマラナイと言われている漫画でも、その漫画雑誌にとって重要な存在なのです。まあ、出版社や各編集部の方針によってそこは考え方が違うものなんですが、少なくともツマラナイ漫画なのに載り続けている場合は、いままで私が話したような編集部の方針あってのことだと思います。

取材班:
じゃあ、ツマラナイ漫画でもチェックしてみるようにします。

編集者:
もしかすると、ツマラナイけど読み続けていたら好きになってしまうかもしれませんよ。それも編集部の手だったりしますが(笑)。

ということで! あなたがツマラナイと思った漫画も、もしかしたら必要悪なのかもしれない。いや、必要悪という表現は間違いかもしれない。なぜなら、自分がオモシロイと思っている漫画こそ、ツマラナイ漫画と思われているのかもしれないのだから(このニュースの元記事はこちら)。
 
 
こんなエンタメの記事もあります
『2ちゃんねる』で一斉購入を呼びかけ! 『反日マスコミの真実』がAmazonランキング1位に
記念に宇宙へ飛んだ小中生10万人の写真を全加工! 世間の声は?
『街へいこうよ どうぶつの森』で遊んでいる大人は犯罪者の可能性アリ
新作には『ターミネーター1』よりも過去のターミネーターが登場! シュワちゃんも!?

hiroの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP