体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“ベイマックス”のコンセプトデザインを手掛けた日本人・コヤマシゲト氏へインタビュー 「日本の市場ではベイマックスは生まれなかった」

コヤマシゲト_1

12月20日(土)より日本公開となるウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ最新作『ベイマックス』。「年末にして今年ベストの映画キタコレ!」という人も続出するであろう2014年を代表する話題作ですが、なんと本作のタイトルにもなっている心優しきケア・ロボット“ベイマックス”のコンセプトデザインを手掛けたのは、日本人デザイナーのコヤマシゲト氏。

コヤマ氏は、2004年にOVA『トップをねらえ2!』へ参加したのをきっかけに多数のアニメ作品に関わり、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』『交響詩篇エウレカセブン』『HEROMAN』『キルラキル』などその代表作は数知れず、現在はデザインワークスとして参加している富野由悠季監督の最新作『ガンダム Gのレコンギスタ』が放映中。キャラクターやメカニックのデザインという分野において、日本を代表する有名デザイナーです。

今回はそんなコヤマ氏に、ベイマックス誕生の裏側やこだわり、さらには“ディズニーの日本愛”についてたっぷりと伺ってきました!

“日本らしさ”を取り入れたデザイン

コヤマシゲト_2

――そもそも、どのような経緯で“ベイマックス”のコンセプトデザインを担当することになったのでしょうか?

コヤマシゲト氏(以下、コヤマ):ドン・ホール監督と初めてお会いしたのは、彼が視察のために来日した2011年です。彼をアテンドした担当者がたまたま僕の友人で、一緒に食事をする機会をセッティングしてもらいました。僕は、ドンさんが監督した映画『くまのプーさん』が大好きだったので、感想を伝えたかったんです。

――2011年公開版のおじさんボイスがキュートな“プーさん”ですね。

コヤマ:そこで監督が「日本のフィギュアで面白いデザインのキャラクターを見つけた」と紹介したのが、僕がデザインしたロボットのキャラクターだったんです。それで「それ僕のデザインだ」と言ったら、監督から「じゃあ、次の作品を手伝ってよ」ってその場で話をもらって、喜んでお受けしました。

――具体的に注文された内容や、要望があったポイントなどは?

コヤマ:今回、僕はほかのキャラクターたちには一切関わっておらず、“ベイマックス”をロボットとしてどうデザインするかという部分だけを請け負いました。「日本っぽい感じが欲しい」「どこかに“鈴”のモチーフを入れたい」「シルエットは丸っこい感じがいい」など、監督のザックリとしたイメージを聞いて、デザインのアイデアを出していきました。あくまでも担当は“コンセプト”のデザインなので、僕のアイデアをふまえて、ディズニーのメインスタッフたちでさらに練り上げていったものが、いまの完成版のベイマックスになっています。

ベイマックス_アーマー

――ベイマックスが身に付ける“赤いアーマー”もカッコイイですよね。

コヤマ:監督の要望があったので、空を飛ぶためのウイングやロケット・パンチなど、コンセプトの段階では日本のロボットアニメの良さを取り入れたアイデアを出しました。日本らしさを盛り込みたかったので、実はウイング部分は扇子をイメージしたり、提灯を意識したデザインを入れたりしましたね。

120201BH6_SGT_13

――パーツひとつひとつのデザインにきちんとした理由があるんですね。

1 2 3次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。