ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

やっぱりドデカい!見晴らし最高! ダイハツ『ウェイク』買っちゃったよ!の巻

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

前の車(ダイハツ・タント)事故っちゃったから、新車を購入する事にしたよ!どうせ新しく買うのなら・・・

前回、記事でもご報告しましたが、先日、通勤用の愛車のダイハツ・タント電柱にぶつけて、大破させてしまいました。

ゲンが悪いので、事故を機会に、車を買い換える事にしました。

FURUは体が大きいので、今度もサイズの大きい車(ただし、基本的に通勤用で一人で載るので軽自動車で充分。)がいいなあ……そうなると、やっぱり今度もダイハツ・タントかなあ……と思って、最近の車はどんな車種があるのかと思い、ネットサーフィンをしてみると、目に止まる車種がありました。

ダイハツ・ウェイク

http://www.d-wake.jp/?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=wake&utm_content=td2

http://www.d-wake.jp/other/37.html

ダイハツ工業が昨年のモーターショーで発表した、「DEKA DEKA(デカデカ)」というコンセプトカーが、この度、「WAKE(ウェイク)」として新発売されるというではないですか。
しかも、サイズは、軽自動車最大だとの事。
全長3395mm×全幅1475mm×全幅1835mmは、「タント」と比べても全高が85mmも高いというのです。

・・・早速、注文してしましました。

そして・・・この度、無事納車されましたので、早速乗車レポートを行いたいと思います!

(ディーラーによると、FURU在住の○○県 納車第一号らしいとの事でした。)

やっぱりドデカい!ウェイクだぜ!

外観は、タントと比べると、相当イカツい雰囲気が漂っています。

タントが、どちらかというとファミリーカー向けのデザインであるのに対して、ウェイクは、どちらかというと趣味の為の車というコンセプトに違わぬ、攻めのデザインの様です。

ガン飛ばされているみたいですね。

前回、タントに取り付けた、Papago GosafeP2 Pro(ドライブレコーダー)ウェイクに載せ替えました。

ミラーとドライブレコーダーの間には、相当な余裕が有ります。広々しています。

側面だけ見たら、5ナンバーの普通車と見分けが付きませんね。とにかくデカい。

後部座席のドアは、両面スライドドア。私の選んだエディションは、更に、助手席側のドアは自動ドアです。かっちょええ!

マグネットステッカーを貼ろうと思ったら・・・問題発生!

さて、既にタントに貼っていた、「ドライブレコーダー録画中」のマグネットステッカーを、ウェイクに貼り変えようと思ったのですが、ここで問題発生。

・・・マグネットステッカーが、後部ドアに貼りつかない!

「どういう事?」

なんと、後部ドアはスチール製ではないので、マグネットステッカーが貼り付かないのです。

マグネットステッカーを、ウェイクに貼り付けようと思っている人、要注意です。(車両側面には、マグネットステッカーを貼り付ける事は出来ます)

結局、最近、カー用品店で良く売っている、貼り変え自由の粘着シートを間に挟む事によって、この難を乗り切りました。

この「超強力吸着シート」を、車両本体とマグネットシートの間に挟み込みます。

つまり、現在、マグネットステッカーは、磁力ではなく、粘着力で貼り付いています。

貼り変え自由で、粘着力が落ちたら水洗いするだけで粘着力が復活する粘着シートなので、車にも傷は付きません。

ちなみに、車両前面も、同様にマグネットシートは貼り付きません。唯一、マグネットシートが付けられる場所は、フロント上部の此処の場所だけ。

なんとなく、いい感じになって来ましたかね?今回、リアにもドライブレコーダーを取り付けています。

では車内に入ってみましょう。

『安全運転対策の鬼』であるFURUの車です。

運転席向けのドライブレコーダー(正面、リア、そして運転席向きに3台取り付けています)と、先日記事でご紹介した、「アイキャッチ・プリクラッシュアラーム(居眠り防止装置)」と、レーダー受信機3つ並んで、運転席に鎮座しております。

「・・・かなり頭おかしい」 ありがとうございます。

カップホルダーは、運転席端に付いています。非常に使いやすいですね!FURUは専ら、小物入れとして利用しそうです。

助手席グローブボックス上には、相当なスペースの小物入れがあるのですが、既にお見せできない状態にガラクタを詰め込んでおります。面目ない。

「・・・かな~りアヤシイ画像に見えますね」・・・気にしないでください。

とても見やすいメーター機器類。

今回、社外ナビとして、

富士通テン/ECLIPSE AVN-SZ04iWを購入。自動で地図を更新する優れもの。通勤用にはオーバースペックですね。

http://www.fujitsu-ten.co.jp/eclipse/product/navi/avn-sz04/

では早速、実際に乗車してみましょう!

ダイハツ・ウェイクの実際の乗車動画がコレだ!

ダイハツ・ウェイク乗車動画
http://youtu.be/GBbT74l30-Q

「GPS接続~」という音声は「アイキャッチ・プリクラッシュアラーム(居眠り防止装置)」の起動音です。

キーレスなので、ボタン一つでエンジンが掛かって、走行出来るのは、正に今どきの車ですね。

車体の背の高さから懸念された、重心の高さによる車両のふら付きも、感じる事はありませんでした。

「どっしり、しっとり」とした乗車感です。

分かる人にしか分からない例えで言えば、「日産・キューブにそっくりな乗車感」とでも言えば良いでしょうか。

地に足の着いた走りをしている様です。

タントよりも視線が高い位置にある為、遠くを見通す事が出来、運転もしやすいです。

アイドリング・ストップも機能しているので、アイドリングストップ機能の無かった、今まで乗っていた、旧タントより、燃費も期待出来そうですね。

今回、二度と事故を起こさない様、スマートアシスト機能も付ける事にしました。もう、安全対策てんこ盛り。

スマアシ/衝突回避支援システム

http://www.daihatsu.co.jp/sumaashi/

下車もボタン一つで、サイドミラーまで閉じてくれます。

ダイハツ・ウェイク・下車
http://youtu.be/j0obL4rMtwI

非常にトンガった趣味の車ですが、今後共、長く乗り続いて行きたいですね!

「今度は車を事故らないでね!」

※ 『ダイハツ・ウェイク』の記事の執筆に当たっては、ダイハツ工業株式会社(DAIHATSU MOTOR CO., LTD.)様に報告を行っております。
※ 『アイキャッチプリクラッシュアラームGPS付きモデル ~GPS付きモデル~』の記事の執筆に当たっては、サンコー株式会社様に報告を行っております。
※ 『ECLIPSE AVN-SZ04iW』の記事の執筆に当たっては、富士通テン株式会社様に報告を行っております。
※Girlsイラスト:http://furu-yan.jimdo.com/
※その他イラスト:さし絵スタジオ2 http://www.clip-studio.com/clip_site/download/sashie/sashie_top
※撮影:FURU

※この記事はガジェ通ウェブライターの「FURU」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

カテゴリー : エンタメ タグ :
ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP