ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中田秀夫伝説のJホラー『女優霊』から20年……島崎遥香主演『劇場霊』は“現実への侵入”

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


女優霊』『リング』で日本だけでなく世界中を恐怖に陥れ、2013年に公開された『クロユリ団地』では10億円突破 の大ヒットを生んだホラー映画界の巨匠中田秀夫の最新作のタイトルは『劇場霊』。 撮影所を舞台に巻き起こる恐怖を描く伝説のホラー映画『女優霊』から20年、『劇場霊』では舞台を不気味な“劇場”に移し、女優達を襲う真の恐怖を描きます。

【関連記事】『MONSTERZ モンスターズ』中田秀夫監督インタビュー「生身の人間が生み出すエネルギーを感じて」
http://horror2.jp/5088 [リンク]


全AKBグループ内のオーディションを勝ち抜き島崎遥香さんを主演に迎えた本作ですが、新キャストとして足立梨花さん、高田里穂さん、町田啓太さん(劇団EXILE)が出演することが明らかに。嫉妬・憎しみ・怨念うずめく劇場で、 3人の女優同士の壮絶な争いが繰り広げられる中、次から次へと救いようの ないほどの非情な惨劇が巻き起こるストーリー。“ぱるる”がどの様な演技を見せるのか注目です。


中田監督作品の特徴である静かでじっとりとした空気の恐怖に留まらず、フルスピードで駆け抜ける恐怖が絶え 間なく襲い掛かるJ(ジェットコースター)ホラーは2015年秋公開予定。中田監督のコメントは以下のとおり。

【中田秀夫監督コメント】
1)映画『劇場霊』について
『劇場霊』で描いているのは私の劇映画一作目の『女優霊』に似て、「演劇=虚構」の隙間に忍び込む“魔物”です。その“魔物”は稽古中のステージ上、楽屋、倉庫、そして舞台下の奈落へと「現実への侵入」を止めません。 『女優霊』から20年経ち、実話的心霊テイストと呼ばれたスタイルを乗り越えるため、今回は疾走 感、おぞましい異形感というものを強く意識しています。『女優霊』や『リング』を同時代的には観ていない若い観客の方々にもこの恐怖を体感していただきたいです。

2)主演・島崎遥香さんについて

主役に決定して、リハーサル中には、不安と決意の入り交じった緊張した顔をしていて、この映画への真摯な向き合い方がとてもいいと思いました。その不安感や決意は、映画の役の感情表現と して相乗効果を上げています。 島崎さんがその「ネコ科の大きな瞳」で不安に震えるとき、恐怖におののくとき、私はこころの中で 快哉を叫んでいました。ホラー映画的ルックと高い集中力を兼ね備えた方です。

3)足立梨花さんについて

天性の明朗さで分け隔てなく話しかけ、現場を和ませてくれていました。足立さんは親友となる島 崎さんにも秘密を持つ難しい役どころだったのですが、それを吐露する場面は、超ハードな撮影に なったにも関わらず見事に演じてくれました。 実は私はバラエティ番組が大好きで、そこでの彼女もたいへん魅力的だと思っていますが、同時に 映画女優としても貪欲に仕事をしていっていただきたいですね。

4)高田里穂さんについて

「死神くん」でヒロインの親友役を演じてもらい、高田さんの「核心を突く」演技の技量に感銘を受け ました。今回も「役が乗り移るかのように」島崎さんのライバル役を演じきってくれています。彼女が “魔物”から追いかけられて劇場内を逃げ惑うシーンは、われながら出色の出来だと自負しています。

5)町田啓太さんについて

彼のスマートなイケメンぶりと、演劇の裏方という「ギャップ感」をどう調整するかでリハーサルや撮 影初日に町田さんとは真剣に意見交換させてもらい、彼の持ち味を十二分に生かしてもらうことが できたと思っています。 映画の現場では1カットの準備に2時間くらいかかることもあるのですが、演技する「その時」に備 えて静かに待ってくれていたのが新鮮で嬉しかったです。

(C)2015『劇場霊』製作委員会

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP