体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

総合グランプリ受賞は『いちご抹茶だいふく(抹茶スイーツ宇治茶 伊藤久右衛門)』に! 『楽天市場 冬のスイーツグランプリ2014』発表

抹茶いちご大福アップ

2014年12月8日(月)、表参道セントグレース大聖堂にてスイーツの頂点決定戦『楽天市場 冬のスイーツグランプリ2014』が開催。『楽天市場』のグルメジャンル店舗約1万3000店の中から書類・試食審査とオンライン投票にて選ばれ決勝に進出した9店舗から、手土産スイーツ、サプライズスイーツ、王道スイーツの3部門それぞれの部門グランプリと総合グランプリが試食審査投票にて決定。決戦まで勝ち残った個性輝く魅力的なスイーツと受賞の様子をレポートいたします。

審査内容は「味・コスパ・見た目」の採点方式

投票項目 味 見た目 コスパ

参加者には会場にて審査表と投票カードが配られます。審査内容は「味・コスパ・見た目」の採点方式で、採点で点数が高いものに投票カードにて投票する仕組み。審査員は、公募で選ばれた『楽天市場』ユーザー約50名と特別審査員4名。

投票カード

審査員は各部門ごとに店舗のスイーツを試食。投票が開始されました。

『冬のスイーツグランプリ2014』手土産スイーツ部門グランプリは?

シュトーレン ナッツ エクレア

手土産スイーツ部門では『オーセント小樽オリジナル“シュトーレン”(オーセントホテル小樽)』、『ラ・ラ・ラ ピーカン(サロンドロワイヤル)』、『エクレアートショコラ プレミアム(パティスリーLT)』の3店舗が最終決戦に進出。

ユーザー審査員と特別審査員の試食投票により選ばれた手土産スイーツ部門グランプリは『ラ・ラ・ラ ピーカン(サロンドロワイヤル)』。ピーカンナッツをホワイトチョコレートでコーティングしたこちらのスイーツは、お茶請けにもぴったり。リピ買い間違いなしのおいしさです。

『冬のスイーツグランプリ2014』サプライズスイーツ部門グランプリは?

柿のミルフィーユ つぼばーむ たまごプリン食べるところ

サプライズスイーツ部門では『市田柿ミルフィーユ(愛情宣言)』、『壺の形のアップルクーヘン【珠洲焼の里】(バウムクーヘンおとぎの国メルヘン)』、『【風船プリン】選べる風船プリンギフトセット6個セット(風船スイーツ工房TOYOHASHI)』が決戦進出。

1 2次のページ
erini (エリーニ)の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。食べ合わせを研究しています。 好きなもの:ダンス全般と漫画。 特技:漫画の早読み。 好きな動物:ハリネズミ。 好物:焼き鳥とナッツ。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。