ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【お取り寄せ】年末年始はやっぱり肉っしょ!! 高級肉2種類をぜいたくに食べ比べ!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


年末年始といえば肉だ。忘新年会、クリスマス、お正月と、肉を食べる機会が目白押しな季節がやってきた。何かと忙しいこの時期だが、1年間で最後にぜいたくができるこの時期だからこそ、美味しいものを食べたいものである。そこで我々ガジェット通信編集部は、お歳暮や年末年始のお取り寄せで人気の高級肉をお取り寄せ、試食してみた。

今回お取り寄せしたのは『うし源本店 ローストビーフ(オリジナルロースト)』と『神内ファーム21 サーロインステーキ 神内和牛あか』の2品。どちらも『楽天市場』に出店中の人気高級肉だ。

※すべての画像が表示されない場合は下記URLからご覧ください。
http://getnews.jp/archives/713141

うし源本店 ローストビーフ(オリジナルロースト)

商品説明より引用:
豊潤な香り引き立つ、肉の芸術品。最高級黒毛和牛ならではの旨味を最大限に引き出すシェフのこだわり。黒毛和牛の低温熟成した赤身もも肉を有機栽培の野菜をふんだんに使用し、こだわりの香辛料でゆっくり時間をかけロースト、素材のコクと旨味をしっかり閉じ込めた至高の一品です。

パック詰めされ冷凍状態で到着したローストビーフ。食べやすいサイズに切り分けられており、このまま自然解凍を待てばすぐに食べることができる。解凍されたローストビーフは、冷凍ものとは思えない新鮮な肉の赤みがありとても鮮やかだ。

調理する必要がないのでそのまま頂くこともできたのだが、よりリッチな気分を味わうために付け合せを用意。薄くスライスしたタマネギを下に敷き、バターで炒めたインゲン豆を添えてクリスマスの雰囲気を演出してみた。こだわりの素材と手法でローストされたローストビーフは、まさに究極と呼んでも過言ではないほどの豊かな味わいであった。肉の素材そのものの旨味と香り、熟成されたことで生まれる風味とコクが絶品である。

編集部の感想
・自宅でこのレベルのローストビーフを味わうことはなかなかないと思います。お歳暮で送られてきたらかなり喜びます。(30代男性)

・全くパサパサしておらず、しっとりジュージー。そのままでも十分味もしみてて美味しいのですが、添付されているソースをかけても濃すぎず、ローストビーフの旨味を生かして更に美味しくなるお味でした。旨味でジューシーなのにさっぱりとしていて、何枚でも食べられそうです! (20代女性)

・自然解凍だけとは思えない肉質で、口に入れた瞬間から肉の風味が感じられます。肉厚でかみしめるたびに牛の旨みがジワーっとにじみ出てくる幸せを味わえます。(20代男性)

神内ファーム21 サーロインステーキ 神内和牛あか

商品説明より引用:
「神内和牛あか」は、遊離アミノ酸を多く含んだ赤身と、不飽和脂肪酸の割合が高い霜降りが適度に入っていることで、おいしく、ジューシーな味わいが楽しめます。なめらかな口溶けとしっとり潤いを含んだ赤身肉の力強い旨味をしっかりと主張。余分な脂肪分が少なく、タウリン等を多く含むことから身体にやさしい、ヘルシーな牛肉として人気上昇中。食べ飽きしない牛肉として喜ばれています。

圧倒されそうな高級感漂う木箱に封入されたサーロインステーキ。肉の細胞を壊さず特殊な手法で冷凍保存された“神内和牛あか”は、冷蔵庫で15時間~30時間かけてゆっくり解凍すればほとんどドリップ(肉汁)が漏れない状態で解凍可能だ。半日以上かけてじっくりと解凍したところ、カチカチと音を立てるほど凍っていたステーキ肉がすぐにでも調理可能な生肉に解凍されていた。

こんなに高級肉が詰まった様子を初めて目の当たりにした筆者は、興奮のあまり肉を重ねて厚みを計測したり、いろいろな角度から生肉を撮影するというほどに気分がたかぶってしまった。

早速肉を焼いていきたいところだが、その前にガルニチュールを準備しよう。パプリカ、ペコロス、ジャガイモ、ニンニクをそれぞれ食べやすく下ごしらえして素揚げしていく。ニンニクは素揚げしたものとスライスしてチップにしたものと2種類用意してみた。ステーキ肉は付属のクレイジーソルトに加えてブラックペッパーを用意して軽くまぶして準備完了。

ついに待望のサーロインステーキの調理にとりかかる。フライパンを熱して牛脂をほどよく溶かして準備完了、ここからはお待ちかね“肉”の時間だ。

じんわりと赤身が焼けていき、キッチンからは食欲をかき立てるにおいが立ちこめる。ほどよく焼けたところで裏返して表面をこんがりと焼いていき、仕上げに赤ワインを軽く注いでフランベ。そうしていくうちに、レアな焼き加減の高級サーロインステーキが4枚出来上がった。

思わずヨダレが出てしまうほどの香ばしい香りのサーロインステーキは、かなりのボリュームであったが一瞬にして編集部スタッフの胃の中に吸い込まれていった。鮮やかな赤身を残したレアに焼き上げられたサーロインステーキは、和牛ならではの柔らかさと旨みがとってもジューシー。脂身も少ないので牛肉の魅力を余すことなく味わうことができる。

編集部の感想
・目を見張る肉の厚さとは裏腹に、柔らかさ抜群で旨味たっぷりです。どこに行っても「節約」がささやかれるこのご時世、こんなに分厚いステーキにお目にかかることはなかなかないのでは。(20代男性)

・「日本よ、これが“肉”だ!」と叫びたくなる、肉の旨みがギュッとつまったサーロインです。(20代男性)

・柔らかいのにしっかりとお肉を感じることができます。しっかり運動している牛ということで、赤身が多いので脂身が苦手な人も食べやすく、なのにしっかりと肉の旨味が感じられ、肉のいいとこ取りです! 是非レアで食べたいですね!(20代女性)

今回『うし源本店 ローストビーフ(オリジナルロースト)』と『神内ファーム21 サーロインステーキ 神内和牛あか』の2品を調理してみたが「こんなに手軽に美味しいものが食べられていいの!?」と強く感じた。ローストビーフは食べやすい大きさにカットされていてグレイビーソース付き、サーロインステーキも箱のなかにクレイジーソルトと牛脂が入っているので何も用意しなくても食べることが可能だ。パーティや大切な日の前日に冷蔵庫に入れておくだけで、上等な肉が食べられるのは大変ありがたい。

うし源本店 ローストビーフ(オリジナルロースト)
http://item.rakuten.co.jp/ushigen/roastbeefsp/[リンク]
神内ファーム21 サーロインステーキ 神内和牛あか
http://item.rakuten.co.jp/jinnaifarm21/jb005/[リンク]

楽天市場 年末グルメ特設ページ
http://event.rakuten.co.jp/oseibo/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
srbnの記事一覧をみる ▶

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP