ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新語・流行語大賞の選出には政治的な意図が? 福島みずほ議員「ダメよ~ダメダメ、集団的自衛権」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

12月1日、2014年ユーキャン新語・流行語大賞が発表され、年間大賞に「ダメよ~ダメダメ」と「集団的自衛権」が選出された。「ダメよ~ダメダメ」は納得としても、「集団的自衛権」も選出されたということに違和感を覚えるという声がネット上には結構多いようである。

サイト(http://singo.jiyu.co.jp/)には、

◆ダメよ~ダメダメ
不思議な世界観のコントを披露する女性お笑いコンビ日本エレキテル連合橋本小雪さんと中野聡子さん

戦後も70年を迎えようとしているのに日本人はやっぱり相変わらずの日本人で、NOときっぱり言えないというか、はっきり言わないで済ましましょうという人間関係。いきなり「ダメよ!」とでも言おうものなら、相手は驚いて「号泣」し出さないとも限らない。そんな昨今だからと、そこまで気を使う細やかさが日本人のたしなみなのかどうかは知らないが、ユルい空気ゆえにリベンジポルノがネットに流れたり、公の議会でセクハラやじが横行するのかもしれない。あげくの果てが「壊憲」と言われる7月の閣議決定。「ダメよ~ダメダメ」と高まる声を前にして、「いいじゃ~ないの~」とするすると受け流して、気がついたら憲法が解釈だけで変更されてしまったのだが、この国では、争点をしっかり掲げて投票でハッキリさせようなんて決定方法がありえないんじゃないかと思えて、こりゃあ「号泣」もしたくなる。そんな日本の不条理な現実を、最高にシュールなコントで「大爆笑」に変えてくれたのが「細貝さんと朱美ちゃん」こと、今年一番の人気コンビ、日本エレキテル連合であった。

◆集団的自衛権
受賞者辞退

不法な侵害を受けた国家と密接な関係にある国家が、共同して防衛に当たる権利。この言葉は「しっかりと、丁寧に説明」という表現とセットになって使われた。しかしいくらアベさんに説明されてももう一つはっきりしないままの状況が続いた。集団的自衛権という用語は30数年前の『現代用語の基礎知識』からすでに収録されており、ずっとそれは現憲法下では「違憲」だと紹介されてきた。それが今年、安倍政権の下でいきなり解釈を変更されて、限定容認だが、その行使が可能となったのだから、これは大事件だ。
文化庁の「国語に関する世論調査」で「***的には」は“ぼかし言葉として若者層に広がっている”と指摘されたことがあるが、「集団」と「自衛権」をつなぐ「的」がどこか煙にまくような機能を果たしているのと無関係ではなかろう。

という説明文があり、この2つの選出にいわゆる何らかの「政治的意図」があるのではいう見方も出てきている模様。

実際、社民党の福島みずほ参議院議員(‏@mizuhofukushima)は、『Twitter』にて


今年の流行語大賞に、「ダメよ〜ダメダメ」「集団的自衛権」。これを合わせて「ダメよ〜ダメダメ、集団的自衛権」。どう考えてもダメです。ダメなものはダメ。

というツイートを行っている。それについては、
「ですよねぇ。合わせて一語!」
「ここは「ダメよ〜ダメダメ慰安婦捏造」がしっくり来ますが如何でしょう?」
「左翼審査員だらけの流行語大賞、やはりこれが目的ですねw福島先生わざわざ自白ありがとうw」
「自爆お見事ですね。「慰安婦証言、捏造ダメよ~ダメダメ」を貴君に贈呈します。」
「ワタシ的には「朝日新聞、吉田清治の証言を否定 強制連行捏造問題」が流行語大賞です。捏造はどう考えてもダメです。」
「アンタがダメだろ!www」

といった返信ツイートが寄せられてる。また、審査員の顔ぶれにも疑問を持っている方々も多いようだ。読者の皆さんはどう思われるだろうか。

……さて、同日発表しましたガジェット通信presents『ネット流行語大賞2014』『アニメ流行語大賞2014』にご協力いただきました皆様ありがとうございます。今回の『ネット流行語大賞』では、“本家”でノミネートされながらもトップテンに選出されなかった「STAP細胞はあります」「号泣会見」の関連語、そして本家の大賞「ダメよ~ダメダメ」がそれぞれ金・銀・銅と結果になりましたが、「こっちのほうがしっくりくる」「納得」というお言葉もいただき嬉しく思っております。個人的には、4位にアノ言葉が入ったということにも感銘を受けている次第です。

『ネット流行語大賞2014』発表! 金賞は「STAP細胞はありまぁす」銀賞には「この日本ンフンフンッハアアアアアアアアアアァン! ……ウッ……ガエダイ!」
http://getnews.jp/archives/711452[リンク]

『アニメ流行語大賞2014』投票結果はこうなった! 大人気『妖怪ウォッチ』を抑え金賞に輝いたのは“ジョジョ”
http://getnews.jp/archives/711468[リンク]

※画像は『Twitter』より引用

Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP