ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【動画】進路は闘牛場にレストラン? 擬人化された牛たちの波乱の“卒牛式”に不思議と感情移入しちゃう!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


とある学園の卒業式。「みなさんはこの場所で立派に育ちました」と、校長が感動の祝辞を述べています。しかし、ひとつだけ普通とは違う光景が……。


よく見ると生徒たちは皆、それぞれ鼻輪を身に付けています。実はこれ、大きく育った牛たちの進路(=出荷先)を発表する“卒牛式”。『銀の匙 Silver Spoon』的な酪農科のある農業高校の卒業式ではなく、彼ら自身が“擬人化された牛”たちなのです。


女優の夏居瑠奈さんが演じる主人公“ウシ子”は、努力を惜しまない真面目な女の子……というか牝牛(めうし)。校長の“卒牛証書”授与とともに次々とみんなの進路が発表される中、ウシ子もドキドキしながら自分の番を待ちます。


「進路が不安なの」と語っていた親友の“ハナ子”は、動物園に進路が決定。なお、校長からは名前で呼んでもらえず、識別番号の“15番”と認識されている模様。か、悲しい……。しかし、もっと悲しいのは、動物園やロデオパークのようなみんなが憧れる出荷先に進めなかった牛たち。


中には闘牛場に進路が決まって暴れだす不良牛の姿も。これはこれで適切な進路先のような気もします。彼にはこれからも全力で暴れてもらいたいですね。


“吉川コーポレーション”という企業に進路が決まった生徒に対しては、憐(あわ)れみの感情が込められたどよめきが会場から起こっていました。そんなにヤバいところなのでしょうか。予測ですが、文字通りに牛を卒業しちゃう場所なのでしょう。美味しいお肉として活躍を期待します。


そしていよいよウシ子、別名“90番”の名前が呼ばれます。「私は誰よりも努力してきた。ツラいこともたくさんあったけれど、“特別な存在”になるんだと必死に頑張ってきた」と、これまでの苦労を振り返ります。


なかなか成績が振るわず「私もうダメかも」と諦めそうになったこともありました。しかし、そのたびに「あなたは特別なものをもっているんだから」と励ます母。このあたりになると、牛ということを忘れて彼女に感情移入しちゃいます。もう鼻輪なんてまったく気になりません!


そんな母の言葉に背中を押され、“胸を張って生きる”と決心したウシ子。上質なミルクが搾れそうなウシ子のサービスショッ……ではなく彼女の決意を表現したイメージカットでは、もう迷いの表情は一切見られません。


自分を信じて、もう前を向くだけ! 果たして、ウシ子に待っている未来とは!?


「ブレンディ!」


歓喜する生徒たち。涙を流して抱き合う両親。良かったねウシ子、本当に良かったよ! ……ん?


そうです、実はこの動画は『〈ブレンディ〉ボトルコーヒー ミルクひろがる挽きたてカフェオレ』のプロモーションムービー。特濃牛乳を100%使用した、品質へのこだわりを表現しているわけですね。確かに、ウシ子のような優等生をきちんと厳選してこだわった牛乳を使用しているのなら、それは飲みたくなっちゃいますよね! 変な意味じゃなくて!


ちなみに現在、製品のパッケージを専用アプリのAR機能で読み込むと、旅立ち後のウシ子の物語を視聴できるとのこと。社会人生活をスタートしたウシ子のその後が気になる方は、合わせてチェックしてみては?

【Blendy 特濃ムービーシアター「旅立ち」篇】(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=lOdLJfzH5mA

“Blendy特濃ムービーシアター”URL:
http://www.agf.co.jp/hikitate/

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP