体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

凛として時雨、『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』主題歌「Who What Who What」の断片を公開

11月5日にリリースした1年7か月振りのシングル「Enigmatic Feeling」がオリコンウイークリーチャート8位を獲得、年明け1月14日に、バンド初のベストアルバムとニューシングルのリリース、約2年振りの全国ツアーを発表したことで大きな話題を呼んでいる凛として時雨。27日に行われた「ノイタミナプロジェクト発表会2015」にて、2015年1月9日(金)全国公開の長編アニメーション『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』の劇場予告編が初公開され、同映像にて劇場版主題歌となっている凛として時雨の新曲「Who What Who What」も初解禁となった。

凛として時雨 (okmusic UP's)

それを受け、同曲「Who What Who What」の断片が、凛として時雨Official YouTube Channelにて公開された。

2012年に放送された『PSYCHO-PASS サイコパス』TVシリーズ第1期第1クールのオープニングテーマとなった「abnormalize」から始まり、現在放送中の第2期『PSYCHO-PASS サイコパス 2』のオープニングテーマ「Enigmatic Feeling」に続き、3作目のコラボレーションとなる今作も、これまで『PSYCHO-PASS サイコパス』と共鳴し、その世界観を彩ってきた凛として時雨。サイコパスの世界のみならず、現実にも通ずる“世界”に疑問符を問いかけた作品となっている。

そして、その詳細が伏せられていたベストアルバム『Best of Tornado』の初回生産限定豪華盤【Hyper Tornado Edition】と初回生産限定盤【Tornado Edition】に収録されるDisc3の追加収録内容が明らかとなった。

インディーズ時代に自主制作CDとして販売していた『として』から「鮮やかな殺人」、「TK in the 夕景」2曲を再録し、ごくわずかだけ流通していたデモテープの音源を収録。 さらに、2006年12月2日に行われた『Pegasus TOUR』新宿LOFTライヴ、2007年11月11日行われた『TOUR 07 ?NAKANO Inspiration-』SHIBUYA-AXライヴから、「CRAZY感情STYLE」、「Sadistic Summer」、「夕景の記憶」など凛として時雨を代表する楽曲のライヴ音源も収録。

すでに発表されているアルバム『#4』前に制作されていた自主制作盤『#3』収録の音源も含め、暗闇を切り裂く様な鋭く研ぎ澄まされた現在のサウンドの礎となったともいえる、荒々しさと爆発するエネルギーを感じるバンド結成初期のレアな音源は必聴だ。

凛として時雨の原点ともいえる音源は、初回生産限定豪華盤【Hyper Tornado Edition】と初回生産限定盤【Tornado Edition】にしか収録されていないのでお見逃しなく。

「Who What Who What」(fragment)
http://youtu.be/w50fyZ-QV08

シングル「Who What Who What」
2015年1月14日発売
【CD+DVD】
AICL-2795~6/¥1,200+税
※3月末日までの期間限定販売
<収録曲>
1.Who What Who What
2. Who What Who What (Movie edit)
<DVD収録内容>
1.「Who What Who What」Music Video
2.「PSYCHO-PASS サイコパス選択無き幸福」teaser movie “abnormalize” edit
3.「PSYCHO-PASS サイコパス2」non-credit another opening movie

アルバム『Best of Tornado』
2015年1月14日発売
【Hyper Tornado Edition】初回生産限定豪華盤(2CD+DVD)
AICL-2797~2800/¥7,500+税
※布張りスペシャル・パッケージ+100P Photobook
【Tornado Edition】初回生産限定盤(2CD+DVD)
AICL-2801~3/¥4,200+税
※デジパック仕様
【通常盤】(CDのみ)
AICL-2804/¥2,800+税

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。