ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

裏ワザあり! スエードやヌバックの靴をきれいに長く履く方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ローファーやブーツに限らず、サンダル、登山靴、スニーカーなどにも幅広く使われている反面、どうやってケアしていいかわからない人が多いのがスエードやヌバックだ。

ちなみに、革の裏側を毛羽立たせたものがスエード、革の表側を毛羽立たせたものがヌバックで、キメが細かく見えるヌバックのほうが、少し上品な印象になる。

スエードやヌバックは、起毛しているがゆえに、スムースレザーと違ってクリームやワックスを使って磨くことができず、基本的に、できるだけ劣化しないようにする「引き算」のケアしかできない。ケアを諦めた結果、使い捨てのような履き方をされることも少なくないのだが、今回はそんなスエードやヌバックの靴を長く履くためのコツを紹介する。

・コツ1 汚れはブラシやヤスリですぐに落とす
外出後、ホコリや汚れはなるべく早いうちにブラッシングで落とす。もしも汚れがひどいときは、寝てしまった毛を立たせるイメージで、くるくると円を描きながらヤスリで少しずつ削っていくときれいになる。

ヌバックやキメの細かいスエードの場合は、ヤスリだと逆に傷ついて目立ってしまうことがあるので、メラミンスポンジ(激落ちくん)を使うのがおすすめだ。

・コツ2 防水スプレーを忘れずに
スエードやヌバックはスムースレザーと比べて表面が割れるということがないので、実は雨の日に向いた革靴でもある。登山靴に使われているのもそうした理由からだ。

ただし、雨染みや劣化を防ぐために防水スプレーをかけるというのは必須。こまめにスプレーするようにしよう。

・コツ3 色あせも防水スプレーで解決
スエードやヌバックの悩みで一番多いのが、色があせてくるとみずぼらしく見えるということだ。直射日光などで色あせが進んだ状態になると、捨ててしまう人がほとんどだろう。しかし、実はこの悩みも防水スプレーで解決できる。

防水スプレーには色付きのものがあるので、それを買ってきて吹きかけてあげよう。色あせた靴が、新品だったころのように輝きを取り戻してくれるはずだ(ただし、多少色味が変わるリスクはある)。

こまめにケアするのを忘れなければ、起毛素材のケアはブラッシング(ひどいときはヤスリ)→防水スプレーと、非常にシンプル。お気に入りの靴がきれいに長く履けるようになるので、ぜひ試してみてほしい。

記事: Buzz+(バズプラス) http://buzz-plus.com
執筆: 三麗世奈

三麗世奈
自由大学「20年履ける靴に育てる」「伝わる文章学」キュレーター。日本大学芸術学部映画学科を卒業後、役者、モデル、ナレーター、レポーターとして活動。現在は全国各地の学校公演をメインとした劇団に所属。

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP