体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

履くだけで足にジャストフィット! 靴ひもを結ばなくてもいい未来っぽい靴が登場

powerlace1

主人公のマーティが履くだけで、靴ひもが「キュキュッ」と自動的に締まるナイキシューズ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』で、デロリアン、ホバーボードと共に未来を象徴するアイテムとして登場したハイテクシューズは、当時の観客に鮮烈なイメージを残しました。

そのハイテクシューズが、映画の舞台と同じ2015年に、本当に発売されることになりそうです。

カナダのFrederick Labbe氏率いるPowerteamが開発中の『Powerlace』は、足を挿入するだけで、靴ひもに相当する締めつけ機構が足にジャストフィットするように働くハイテクシューズ。靴の中のかかと部分にあるセンサが装着者の体重を締め付け機構に伝え、最適な張力で足の甲の部分を締め上げる仕組みになっているようです。脱ぐ時は、かかとの外側にあるレバーを操作すると締め付けが緩み、脱げるようになります。

powerlace2 powerlace3 powerlace4

現在、『Kickstarter』で65万ドルを目標に資金調達を行っているこちらのプロジェクト。プロトタイプはほぼ完成していて、これから大量生産に向けた金型の製作と、工場の選定に入ろうとしているところだそうです。予定通りに進めば、2015年の5月には175カナダドル~(約1万8000円)で発売されることになります。

正直、映画に登場したナイキシューズほどの“未来感”はありませんが、なんとなくハイテクで未来っぽいアイテムとして、あるいは話のタネとして、一足持っていると面白いかもしれません。


雰囲気づくりの上手い宣伝動画では、バク宙のような激しい運動をしてもピッタリフィットしていることをアピール。試し履きしてみた日本人観光客と思しき男性も「ほー、すごいな」と驚きの様子。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会