ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【5分でゾクッ】ギレルモ・デル・トロ監修、YouTuberがつくるホラー動画がハイレベルの怖さ[ホラー通信]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


YouTubeクリエイターHiROKiさんが制作し、あのギレルモ・デル・トロ監督が監修したホラー動画がYouTubeで公開になっています。
ある洋館に忍び込んだ若者たち。そこで彼らが遭遇する、おぞましい体験とは――。わずか5分ほどの長さながら、あっと驚く展開のある恐ろしい出来栄え。まずは動画をとくとご覧あれ。ゾクゾク。

動画が表示されない方はこちら


この作品は今年のハロウィンに開催された世界的なホラー動画コンテスト『ハウス・オブ・ホラーズ』に出品されたもの。以前ホラー通信でもレポートした、YouTubeSpaceのホラー用セットを使って撮影されています。

YouTubeSpaceホラー用セット参考:http://horror2.jp/7803[リンク]

作品を高く評価され、実際に映像を観たギレルモ・デル・トロ監督にテレビ電話でアドバイスをもらったHiROKiさんは、出品当初より作品をブラッシュアップ。
デル・トロ監督のアドバイスがどんなものだったのかHiROKiさんに伺ってみると……
「カットの長さや構成、音楽や効果音の使い方に関してご教授いただき、それを元に再編集を行いました。再編集前は視聴者の事を考え説明的なカットが多く、今より30秒ほど長いものでした」
なるほど、短いけれどあっという間に引き込まれ、ゾクッとできる作品に仕上がっていますよね。

世界的なホラー動画コンテストとあって、ジャパニーズホラーのテイストで勝負したHiROKiさん。海外の人でもその怖さが分かるよう、言葉が必要ない内容にしたのもポイントだそうです。


[写真:モニター越しにデル・トロ監督と記念撮影したHiROKiさん、動画出演者さん]

いまは低コストでクオリティの高い作品がつくれる時代

HiROKiさんから、ホラー映像に挑戦してみたい方々に向けてコメントをいただきました。

この動画の一番の見どころは、やはりYouTubeに動画を投稿しているYouTuberのみで制作している事だと思います。企画から撮影、編集、出演とすべてがYouTuberだけで完結しています。
僕自身、撮影や編集を始めて2年半くらいです。それでもこのような作品を素晴らしい環境で撮る事が出来ました。

いまは昔と比べてかなり低コストでクオリティの高い作品がつくれてしまう時代です。スマートフォン1つでも作品がつくれ、世界に向けて配信ができ、大ヒットする事さえあります。ひとつ素敵なアイディアが浮かんだら是非作品を撮って公開してみてはいかがでしょうか。僕も撮り続け、また皆さんにホラー動画をお届けできたらなと思います。

アイデアと工夫がものを言うホラー作品。身近なもので撮影ができ、ネットを使って全世界に公開することが容易な今、チャレンジしてみたら思わぬ結果が出るかもしれませんよ。

HiROKiさんのYoutubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/HiROKiMovies[リンク]

レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP