ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これも『マッサン』人気? ニッカウヰスキー公式アカウントのフォロワー数が伸びすぎ

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


NHK朝の連続テレビ小説『マッサン』が好調だ。9月29日のスタート以来、視聴率はほぼ安定して20%以上をキープし、全番組を対象とした週間視聴率ランキングで1位を獲得することもしばしば。

そんな『マッサン』人気にあやかってか、『Twitter』のニッカウヰスキー公式アカウント(@nikka_jp)のフォロワー数が、開設から1カ月余りで10万人を突破し、現在も伸び続けている。

同じアサヒグループで、知名度と売上では遥かに上をいくアサヒビールの公式アカウント(@asahibeer_jp)のフォロワーが約36000人、ライバルのサントリー公式アカウント(@suntory)が開設から4年半経った現在ようやく155000人余りということを考えれば、ニッカウヰスキーの並外れた人気の高さがわかる。

ニッカウヰスキーは、まさに『マッサン』のモデルとなっている竹鶴政孝が創業した会社。公式アカウントのツイートは、竹鶴政孝とその妻リタのドラマや同社の歴史、ウイスキーに関するトリビアも多く、なかなかタメになる。ニッカウヰスキーのラベルでお馴染み、“ヒゲのおじさん”が一人称で語る体の、お茶目な語り口も人気の理由だろうか。

国産ウイスキーの評価・人気が世界中で高りつつある現今、“ヒゲのおじさん”よろしく、グラスを片手に酒にまつわる薀蓄を語れる男がモテる、かもね?

画像:『ツイプロ』およびニッカウヰスキー公式アカウント(@nikka_jp)より引用

※この記事はガジェ通ウェブライターの「ろくす」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP