ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アメリカ国内の史上最高額物件! ビバリーヒルズで224億円の豪邸が売りに出される

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


高級住宅街として世界的に知られるカリフォルニア州ビバリーヒルズ。トム・クルーズやマドンナらセレブたちの豪邸が建ち並ぶこの街で、アメリカ国内で最高額となる不動産物件が売り出された。

富裕層向けの不動産仲介業社・コールドウエルバンカーが、現在アメリカ最高額物件として売り出し中の『パラッツォ・ディ・アモーレ』(愛の宮殿)は、1.95億ドル(現在のレートで約224億円)もする大豪邸。売主は不動産王ジェフ・グリーン氏で、ザ・リッツ・カールトンホテルや世界銀行本部ビルなどの設計を手がけたモハメド・ハディド氏がデザインした。

ロデオ・ドライブから車で5分ほどという絶好の立地で、遠くにロサンゼルス市街と海を望む25エーカー(東京ドーム約2.2個分)の敷地には、毎年500本ものプライベートワインが生産可能なぶどう園が広がり、宮殿のような建物とゲストハウス、噴水付きの庭園、プール、テニスコートがしつらえてある。建物の床面積はおよそ1489坪で、12のベッドルームと23のバスルーム、さらにはシアタールームとボーリング場、ダンスフロア、3000本のボトルを収納できるワインセラーまで備えている。

内装も栄華を極める。象嵌細工の施された白い大理石の床と階段が眩しい玄関。伝統的な寄木細工の床に、最新の音響・照明設備を導入したダンスフロア。床から天井まで敷き詰められた虹色のモロッコタイルがトルコランプの光を受けて輝きを放つ浴場。そしてジュリエットバルコニーからは地中海風の美しい庭園をいつでも眺めることができるのだ。

しかしこれほどの大豪邸といえども、1.95億ドルというのはかなり強気な価格設定にも思える。本当に買う人は現れるのだろうか?

コールドウエルバンカーの担当者によると、付近の住宅街で今年の3月に『パラッツォ・ディ・アモーレ』と同程度のお屋敷が1.02億ドルで売れた記録があるのだという。また、過去数年間の間に『パラッツォ・ディ・アモーレ』の購入について数件の問い合わせがあったそうだ。本当に景気がいいのか、それともただの不動産バブルなのかはともかく、“アメリカンドリーム”の精神は生き続けているようだ。


イタリア・カララ大理石製の噴水がそびえる正面玄関。27台収容のガレージと150台分の駐車スペースがある。おそらくこの玄関部分だけで田園調布に家が建つぐらいの値段がするはず。









画像とソース引用:コールドウエルバンカー公式ブログより
http://blog.coldwellbanker.com/palazzodiamore/?utm_source=Blog&utm_medium=Facebook&utm_campaign=195M-Listing [リンク]

※この記事はガジェ通ウェブライターの「ろくす」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP