ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ひと先試食】オトナなくちどけ『ルックロイヤル』ラムレーズン 11月11日発売

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

1962年より販売が開始され、今日まで多くの人々に愛されてきた不二家のチョコレート『ルックチョコレート』。11月11日、『ルックロイヤル』シリーズより、ちょっと大人なラムレーズン入りチョコレートムースが発売されます。早速手に入れたので、編集部スタッフがひと足お先に試食レビューにてご紹介いたします。

使用する“素材”にこだわりを重ねた『ルックロイヤル』

フレーバーとの組み合わせによってチョコレートの可能性を常に探求してきた『ルックチョコレート』。今回はラムレーズンフレーバーということで、“どグラマラス”なゴールドと紫色のパッケージとなっており、少し艶のある、大人な雰囲気を演出しています。中身は個包装となっているので、携帯することも、みんなで分け合うこともできるので便利です。

大きさは従来の『ルックチョコレート』より少し大きめ。口に入れた瞬間、あふれ出るようなラムレーズンの芳醇な香りと滑らかなチョコレートムースの舌触りを口いっぱいに感じることができます。パッケージの写真どおりチョコを輪切りにしてみると、ラムレーズンムースの間から小さくカットされたレーズンがこんにちは。

“芳醇な香りとクリーミーなくちどけ”なラムレーズンフレーバー

※記事中コメントは試食した編集部スタッフによるもの。

「甘さは程よく、口のなかでとろけるラムレーズンの味が上品なオトナ向けのチョコレート」(30代女性)

「一口食べるとまろやかなクリームと一緒に口の中に広がるラムレーズンの香り。外側のチョコレートもほどよい硬さで全体的に柔らかい仕上がりになっています。ちょっとほっとしたいと時に食べたいチョコレートです」(20代女性)

「不二家といえば『LOOK』というほど昔から愛されてきたチョコレートですよね。今回のはROYALバージョン。ひとくち食べた瞬間口の中いっぱい広がるラム酒の香り、チョコレートの甘さが控えめな分レーズンの甘みが程よくマッチしたちょっと大人向けな一品でした」(40代男性)

「どの部分がロイヤルなのだろう、と思いながらかじってみると、中が思いのほか柔らかい! まるでホイップクリームを思わせるようなラム風味のクリーミーな食感のチョコレート。レーズンはクラッシュされた状態。香りを引き出しつつも滑らかな味わいを邪魔しないような配慮を感じます。トータルで、チョコレートらしさの押し付けは全く感じません。しかし食後のチョコレートの満足感はしっかり残ります」(40代男性)

男性にも受けが良かった今回のシリーズ。素材にこだわってきた『ルックロイヤル』だからこその本格的な味わいをあなたもぜひ試してみては。

ちなみに、『ルック』ブランドサイトでは、意外に知られていなかった『ルックチョコレート』のパッケージや、チョコのデザインのこれまでの歴史をのぞくことができます。皆さんも、初めてで出会った『ルックチョコレート』をぜひ探してみてはいかがでしょうか。

【8粒ルックロイヤル(ラムレーズン)】
内容量: 8粒(個包装)
価格: 216円(税込み)
『ルック』ブランドサイトURL: http://www.fujiya-peko.co.jp/look/index.html

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
mochimiの記事一覧をみる ▶

記者:

ディズニーツムツム大好き!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP