ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

編集部イチの“ヘタレ”が“オラオラ”になってみたら?→美女にモテモテ喧嘩も楽勝【映画『25 NIJYU-GO』特集】

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


いよいよ11月1日から公開となる東映Vシネマ25周年記念映画『25 NIJYU-GO』。「Vシネの帝王」哀川翔アニキが暴れまくるこの映画は、軟弱な男子諸君に喝を入れる超ド級のオラオラ映画。ガジェット通信では、「編集部イチの“ヘタレ”男子が渋くてカッコイイ“オラオラ”男子になれるのか!?」を検証すべく、映画『25 NIJYU-GO』を展開中。

前回、いち早く映画を観てきた編集部イチの“ヘタレ男子”wosa記者の感想をご紹介しましたが、ナント映画に感化されすぎたwosa記者は編集部を飛び出し、オラオラ男子に変身。恐るべきイメチェンぶりを実録レポートでお届けしたい。

【関連記事】“ヘタレ男子”がオラオラ映画『25 NIJYU-GO』を観たら? 「哀川翔さんカッコよすぎ(笑)」
http://getnews.jp/archives/689766 [リンク]


いつもの様に編集部で仕事をするwosa記者。「今日もせっせと仕事するでヤンスよ〜」。しかし、映画『25 NIJYU-GO』を観てから、彼の中で何かが変わりはじめていた。「僕はこのままヘタレでいいんだろうか。翔さんみたいにカッコ良くて男らしくなりたい……。変わらなきゃ、変わらなきゃ」。


で、変わってみました! 「オラオラ男子はパソコンなんて使わない。通信手段は固定電話とガラケー」


オラオラ男子を好きな女は多い。変身した途端美女がイヤというほど近寄ってくる。女は危険な香りがする男が好きなのだ。


早速夜の街に繰り出す2人。「近々スナック持たせてやるからな」


オラオラ男子は忙しい。商談の場所は決して「銀座ルノアール」だけでは無いのだ。この夜も電話で叔父貴と話していると、ツレに近づくチンピラが……。


「お前、俺の女に何してる?」オラオラ男子は、身長差なんて関係無い。見事チンピラを撃退だ。


「お前も他の男に隙見せてんじゃねえ」“壁ドン”はオラオラ男子の専売特許。これは状況によって“腹ドン”、“チャカドン”と進化する。


身長差なんて関係無い。


じゃ、そろそろお前の部屋行くか。オラオラ男子はいつだって前しか見ない。


女はだまって後ろをついてくれば良い。


例え、違う男に乗り換えられていようが、ただ前を見ていればいい。


映画『25 NIJYU-GO』には“本物”のオラオラ男子が勢揃い! 半グレ集団から金を巻き上げたり、摘発中に押収した金を着服したりとやりたい放題の悪徳刑事・桜井(哀川翔)の暴れっぷりに刮目せよ!

【ストーリー】
半グレ集団から金を巻き上げ着服するなど、やりたい放題の悪徳刑事・桜井慎太郎と日影光一は、押収した金の行方が警察内で問題となり、翌朝までに250万円を提出するよう署長に命令される。困った2人は、巨額年金横領事件のニュースを知り、容疑者の九十九信夫に目を付ける。九十九は横領した金の大半を使いこんでいたが、まだ手元に25億円が残っていたが……。

【映画『25 NIJYU-GO』特集】
http://getnews.jp/25nijyu-go

(C)2014 東映ビデオ

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP