ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

上大岡駅バスターミナルにある水が流れない男性用「無水トイレ」って一体何?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

横浜のココがキニナル!

上大岡駅のバスターミナルにある男性用トイレの小便器は、水が流れない「無水トイレ」。水を流さないことにより、節水にはなりますが、不潔な気が。メリットはあるのでしょうか。(恋はタマネギさんのキニナル)

はまれぽ調査結果
無水トイレは独自設計のカートリッジの採用により臭いをしっかり抑えているほか、衛生面やコスト削減においても高いメリットがある。

無水トイレって何!?

男子諸君、これまでに“無水トイレ”という小便器を使用したことがあるだろうか? 今回のキニナル投稿によると、京浜急行線の上大岡駅にあるバスターミナルの男子トイレが、無水トイレであるとのことだ。

実は筆者、同じく上大岡の京急ウィングでこの無水トイレを経験したことがあった。投稿の内容のように、確かにそのとき「水が流れなくて衛生面は大丈夫なの?」と思ったのも事実だ。
しかも「なぜ上大岡に?」など、いろいろな疑問が浮かんでくる。詳しく調査するため、上大岡を訪れた。


上大岡駅のバスターミナルに到着


2番乗り場前のトイレ、こちらが現場です!


早速確認してみると、ありました、無水トイレ


便器にはメーカー名である、“FALCON WATERFREE
(ファルコン ウォーターフリー)”という名前が

さて正面を見ると、無水トイレ(ここではウォーターフリーと記述)の説明書きのパネルがあり、ここを管理しているのが防災センターだと分かる。目の前に流水用のセンサーがついているが、これは無水トイレ導入前の名残りで、一切水は流れない。臭気に関しても意識してみたが、一般的なトイレと変わらないと感じた。


現地にあるウォーターフリーの説明

ならばと防災センターを尋ねると、このトイレを管理しているのは、横浜市住宅供給公社ということで、そちらに問い合わせてほしいとのこと。そこで、横浜市住宅供給公社へ問い合わせると、製品の詳細についてはメーカーである「省電舎」に問い合わせてほしいとのこと・・・。

この取材先がなかなか決まらない状況に不安がよぎるが、意を決して紹介された省電舎の担当者、小山田さんへ電話し取材を申し込んだ。すると、最初は警戒していたが、「そういうことでしたらぜひ」と快く引き受けてもらえた。そして後日、東京・浜松町にある省電舎を訪れた。

省電舎に無水トイレを伺うことに


ビジネスマンの街、JR浜松町へ


徒歩5分程度のところにありました、省電舎

省電舎は1986(昭和61)年に省エネルギー事業を目的として東京都港区に設立された会社で、ESCO事業(顧客の経費削減のため、省エネ計画の調査からプラン作成、設計・施工、効果の検証までを一貫して担う事業)、再生エネルギー事業に取り組んでいる。

さて、浜松町にある本社へ到着するとすぐに会議室へ案内され、笑顔で小山田さんが出迎えてくれた。早速今回の取材の経緯を説明し、お話を聞くことに。


対応してくださった小山田さん。省電舎における無水トイレの責任者だ

まずは、省電舎が無水トイレを取り扱うことになった経緯について聞いてみた。
「無水トイレを作っているメーカーは、世界に何社かあるのですが、弊社はアメリカに本社を置く、FALCON WATERFREE TECHNOLOGIES(ファルコン ウォーターフリー テクノロジーズ)と代理店契約を結び、国内の販売事業をしております。契約をしたのが2003(平成15)年なので、もう10年以上経ちますね」

「無水トイレというのは、水を全く使用しないので、まずは節水という環境面、経済面でのメリットが大きいです。今回、問い合わせをいただいた上大岡の事例は、横浜市からの問い合わせがあり、導入に至りました。横浜市は元々環境に対して強い関心を持っているようでしたね」


1年間で約160トンの節水が可能!(1日130回使用、流量5リットルで年間250日稼働の場合)

省電舎としてはFalcon社と代理店契約後、さまざまな広告や展示会に出展するなど、PR活動をしていたそうだ。そこに横浜市が興味をもって問い合わせが来たのだという。そして、実際に上大岡に導入されたのが2005(平成17)年4月ということだが、その経緯について次のように説明してくれた。

「上大岡のバスターミナルのトイレは、公衆トイレになっているので、臭いの面で苦情があったそうなんですね。それを無水トイレにすることで改善できるならということで、最初は横浜市の庁舎にテスト的に導入したんですよ。そして都市整備局の当時の担当者が、これなら使えるんじゃないかという判断をしてくれたんです」


都市整備局がある横浜市庁舎

臭いを抑える構造はいったい!?

確かに公衆トイレは臭いというイメージがある。しかし、横浜市の当時の担当者も納得して導入に踏み切ったその無水トイレの臭気を抑える構造はどうなっているのだろう?? 小山田さんは、説明用の模型も用意してくださり、その構造について解説してくれた。
「まず無水トイレを導入するには専用の便器に変えていただかないといけません。そして底の部分に装着するカートリッジが臭いを抑える秘密なんです」


右がカートリッジの実物。プラスチックでできている

そして小山田さんが見せてくれたカートリッジ。一体どんな仕組みがあるのか? このままでは中身が分からない・・・が、ちゃんと用意されていた、カートリッジ内の構造が確認できるよう切断された模型が。


こちらがカートリッジの断面

「洗面所などの下についているトラップという曲がった水道管をイメージしてもらえば分かりやすいですね。ネズミや虫が水道管から上がって来ないような仕組みになっているものです。水洗トイレもトラップの構造になっているのですが、このカートリッジ内が独自のトラップ設計になっていて、排水管からの臭いを防いでいるのです」と小山田さん。

「模型内の黄色の部分は尿で、その上層部に青い液体が浮いています。この液体は密閉液と言い、これがフタの役割をすることで、臭いの漏れを防いでいるのです。密閉液は油と水の関係のように水より比重が軽いので上に浮き、常にフタをした状態となるのです」


カートリッジ内がトラップ構造になっており、密閉液がフタの役割をしている


こちらが密閉液(青の液体)の模型。振ってもすぐに浮く

なるほど、こういう構造になっていたとは、目から鱗。トラップ構造で配管からの臭いを抑え、さらに尿の臭いは、密閉液で抑えている。本当に水を一滴も使っていない。シンプルな構造ながらとても合理的と言える。このカートリッジの寿命は使用回数にもよるが、約2ヶ月程度で交換すれば良いそうだ。しかし、まだ残る疑問がある。便器にかかった尿が臭いを発することはないのか? ということだ。小山田さんがこう答える。


便器の模型。Falcon社は長期にわたり使用できる陶器を採用している

「私はこれまで何百人、何千人の方にご説明してきましたけれど、皆さん同じ疑問をもたれるんですね。私もいろんな便器を見てきましたし、研究もしてきたんですけど、便器の汚れとは? 皆さん、尿だと思っているのですが、実際は水なんです。そう、水垢。便器に付いた黒い線を見たことがありませんか? あれが水垢です。水の中に含まれるカルシウム、鉄分などが付着して汚していくんですね。水垢は掃除してもなかなか取りにくいので、研磨剤の入った洗剤を使って磨き上げます」

「そうすると、細かい傷が便器につき、そこにさらに汚れが付着する。そういった形でどんどん汚れていくのですね。無水トイレは水洗のように毎回水を流すことはないですし、便器に尿が流れ残っても、乾くとパウダー状になるので、それを毎日清掃のスタッフが専用のクリーナーを使って拭き取るだけで、いつでも清潔な状態を保てるのです。清掃の際にも便器に水をかけることはないです。しかもFalcon社の便器は陶器なので、プラスチック製と違い耐久性にも優れているのです」


省電舎に設置された無水トイレ


実際に清掃しながら説明していただいた

小山田さんいわく、「水を流さない方が汚いというのは間違いで、逆に水を使う方がバクテリアなども発生し、衛生面でも良くない」とのこと。バクテリアが発生しないということは、悪臭も発生しないということだ。そして、実際にトイレの悪臭の発生源の多くは、便器からではなく、床を含めた便器周辺のほか、トイレ内の湿度の高さも要因だという。

無水トイレは、トイレ内の湿度を下げ、悪臭の発生源を抑えられることができる。なのに、同じように悪臭がした場合、先入観から、「水を流さない」が理由だと思われてしまうそうだ。つまり、無水トイレは節水という環境面だけでなく、悪臭を防ぐという衛生面でもメリットがあると言える。

日本人が持つイメージ?


洋光台駅前にある無水トイレ

現在、横浜市では、JR横浜線中山駅、JR根岸線洋光台駅前などの公衆トイレでも使用されているほか、日本国内では、南海電鉄の多くの駅でも導入されている。
さらに世界を見れば、空港のトイレ、スポーツ・スタジアム、オフィスビル、レストランなど多くの事例があるというが、国内ではそこまで頻繁に出会うものではないのも確か。その理由を尋ねてみた。

「一番のハードルは、日本の文化です。先も言いましたが、日本人は水を流さない=汚いという考え方が根強いので、その意識を変えていくというのはなかなか難しいんです。無水というと、昔の汲み取り式便所や肥だめをイメージしてしまいますからね。商品としては非常に魅力的だけれども・・・感覚的な問題なんです」


無水トイレへの想いを熱心に語る小山田さん

まさに今回のキニナルは、筆者自身も持っていた日本人のイメージからきた内容と言える。ここまで説明を受けて、当初の無水トイレに抱いた不衛生なイメージは完全に払拭されていたのだが、確かに、このイメージを改善させるのは、高いハードルだと感じる。
しかし、実際にその効果を体感し、上大岡のように導入している場所もある。

ちなみに、この無水トイレはバスターミナルに設置されたあと、その効果が評価され、その後の2006(平成18)年にウィング上大岡のトイレにも導入したということだ(バスターミナルとウィング上大岡のトイレは所有者が異なる)。


ウィング上大岡

小山田さんへ、無水トイレへの想い、今後の展開について聞いてみた。
「現在は、日本のメーカーから“超節水トイレ”なども普及していることや、先ほどお話しした無水トイレの潜在的なイメージもあり、省電舎としては積極的に無水トイレをPRしているわけではございません。お問い合わせいただいているごとに対応させてもらっています。しかし、環境だけでなく、経済面や衛生面など、高いメリットを誇るこの無水トイレがもっと普及したらという思いは常に持っていますね。ぜひ機会がありましたら、使用してみていただきたいです」

導入した横浜市の感触は?

都市整備局市街地整備調整課担当大胡(だいご)さんに導入したきっかけを伺うと、
「当初は施設の省エネ・節水対策のために“無水トイレ”の導入を検討しました」とのこと。また、「今後については、節水能力が高いトイレの候補としてあげますが、メンテナンスが必要だったりと各施設によって状況が違うため、“無水トイレ”のみを導入するということは検討しておりません」とのことだった。

そして、実際に管理を行っている横浜市住宅供給公社の中川さんにも話を伺った。
「もともとバスターミナルの公衆トイレは、使用頻度が高く臭いが酷かったので、臭いが抑えられる“無水トイレ”を導入しました。実際に導入してみて、臭いを抑えられたので、満足しています」とのこと。

導入を検討する際の状況や時代背景によって、効果的な場合もあるが、すべての事例でそうなるとは一概には言えないようだ。

取材を終えて

無水トイレについて知れば知るほど、そのメリットになぜもっと多くの場所で普及しないのかという思いが強くなった。しかし、小山田さんの言うように、日本人の持つ潜在的なイメージを払拭するのは容易ではない。

事実、筆者も今回の取材をするまで、そのメリットについてはほとんど理解していなかったし、ここまで読んでもらっても、無水トイレが本当に匂いを抑え、コスト削減や衛生かつ環境にも優しいのか、半信半疑の方もいるだろう。しかし幸いにも? 前述の通り横浜市では、上大岡のほか、中山駅、洋光台駅前の公衆トイレに導入されている。男子諸君、まずは一度、先入観無しに使用してみてほしいと思う。

―終わり―

取材協力
http://www.shodensya.com/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
はまれぽ.comの記事一覧をみる ▶

記者:

『はまれぽ.com』は横浜のキニナル情報が見つかるwebマガジンです。 毎日更新の新着記事ではユーザーさんから投稿されたキニナル疑問を解決。 はまれぽが体を張って徹底調査、ディープでマニアックな横浜のネタを配信しています。

ウェブサイト: http://hamarepo.com/

TwitterID: hamarepo

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP