ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

精神論で技術は生まれない(メカAG)

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


今回はメカAGさんのブログからご寄稿いただきました。

精神論で技術は生まれない(メカAG)

「資源も政治力も軍事力もない日本は、技術力をもって世界一安全な国を目指すべき!」 2014年10月17日 『現代ビジネス』
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/40785

技術に力を入れろというのは基本的に大賛成なのだが、問題はなんかしらんけど、みんな技術は一生懸命知恵を絞れば生まれると思ってるんだよね。知恵と努力と情熱と。

もちろんそういうものも必要なんだけど、実際に一番必要なのは「金」だよね…。やっぱ金がなければ研究できない。機材や設備はもちろん、研究中の人間の人件費をどうやって払うか。優秀な人材を確保するにはそれなりに高い待遇でなければ。

アメリカとかは兵器開発で研究資金を調達してるわけで、日本はどうするの?と。俺は箱物や道路を作るよりは、軍事費を増やしたほうがいいと思うけどね。でもそういう話をすると拒絶反応を示す人は少なくない。じゃあ代わりにどうやって研究資金を供給するのか、考えて欲しいのだが。技術者も研究者も霞を食って生きてるわけではないのだから。

   *   *   *

技術開発に力を入れましょうというのは結構だけど、力を入れるってのは具体的になに?と。「欲しがりません、勝つまでは」みたいに努力と根性で頑張れと呼びかけることなのか。まあ、それもいいけどね、日本人らしくて。

戦略も計画も勝算もなく、とにかく勝利を信じて、根性で頑張れ!と。先の戦争ではアメリカ軍がレーダーを使ってるのに対して、旧日本軍は肉眼で頑張ったらしい。美しいよね。感動的だよね。金がない部分を根性で補う。日本人は優れた民族だから。

執筆: この記事はメカAGさんのブログからご寄稿いただきました。

寄稿いただいた記事は2014年10月29日時点のものです。

寄稿の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP