ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【早くも目標額の2倍超】車のライト並みに明るい、自転車向けライト登場

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Orfos

10月も末、このところ日が暮れるのがめっきり早くなった。最近は、通勤や移動に自転車を愛用する人も多いが、あなたが歩行者、あるいは車のドライバーで、夜間に自転車が無灯火で走行していることに気づかず、危うく接触しそうになるヒヤッとした経験はないだろうか。

自転車の通行には、危険が伴うことを念頭に置いておかなければいけない。特に夕暮れどきや夜間、雨の日は視界が悪く、危険度はいっそう増す。しかし、通常の自転車に搭載されているライトだと、十分な明るさが確保されているとはいえない。

車のヘッドライト並みの明るさを誇る自転車LEDライト

そこでOrfosの設立者であるPete Clyde氏が開発したのが、悪条件下でも通用する「Flare」という“超明るい”自転車ライトである。「Flare」にはLEDの技術が使われていて、ヘッドライト向けの“白色タイプ”は500ルーメンの明るさを誇り、これは自動車のヘッドライトに匹敵する。また、テールライト向けの“赤色タイプ”は300ルーメンで、自動車のテールライト以上の明るさとなっている。

Orfos2

「Flare」のライトは透明なポリカーボネート製で、360度光を放つ。4つの明滅パターンと、HIGH、MED、LOWの3つの光の強さのパターンが用意されていて、シーンに合わせて調整ができるようになっている。

このライトは、USBで接続して充電することが可能で、最大量までおよそ90分で充電が完了する。電池のもちは、光の強度や明滅パターンにより異なり、HIGHだと最大3.5時間、MEDだと4~10時間、LOWだと24時間の連続使用が可能だという。

ウォータープルーフ仕様、マグネット式なので便利

ウォータープルーフ仕様になっているので雨天でも安心して使用できる。また、ライトはマグネット式になっているため、自転車のフレームのほか、さまざまな箇所にくっつけて使えるのでとても便利だ。

現在、資金調達プラットフォームKickstarterでキャンペーンを実施中で、すでに目標額2万ドルの2倍以上の資金を集めている。順調にいけば、今年のクリスマス前に出荷されるという。

Flare

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。