ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

まだまだあるぞ『三人称視点撮影』 ガジェット「自撮王への道」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

前回、米国『amazon.com』に出品されていたので入手した、『三人称視点撮影』 ガジェット、『VuPackPro』。

VuPackPro』以外にも、いくつか『三人称視点撮影』 ガジェットが有る様ですので、ご紹介致します。

まだまだあるぞ『三人称視点撮影』 ガジェット

ネットサーフィンをしていると、『VuPackPro』以外にも、いくつか同様の機能を持つガジェットが有りました。

PERSONAL CAMERA BUDDY GOPRO READY 3RD PERSON POV CAMERA MOUNT, TRIPOD & FILMING POLE

「Go Pro」「アクションカム」用の「POV(Point of view:「視点」「観点」)」カメラマウントです。

http://cameraaccesories.uhostfull.com/bestseller/products/4249-Personal-Camera-Buddy-3rd-Person-POV-Camera-Mount,-Tripod-Mount—Filming-Pole.html [リンク]

VuPackPro』よりも、柄の部分がフレキシブルで太くて丈夫そうですね。ヘッドの部分が360度回転して、様々な角度にカメラを固定する事が出来ます。

現在、米国amazon.comで$149.00-で入手可能な様です。

http://www.amazon.com/exec/obidos/ASIN/B00IO5WS0I/shopping-mart-20 [リンク]

SVS 3rd-Person-View for Kite/Windsurfers

こちらの商品は、先述の『VuPackPro』・『PERSONAL CAMERA BUDDY GOPRO READY 3RD PERSON POV CAMERA MOUNT, TRIPOD & FILMING POLE』とは異なり、腰の部分のみのアタッチメントでカメラを支える構造になっています。

http://www.killershot.com/3rd-person-view-kite-windsurfers/ [リンク]

GoPro Windsurfing Extreme ‘3rd Person View’ style by SailVideoSystem
http://www.youtube.com/watch?v=MWWNJZqJuDI

PERSONAL CAMERA BUDDY GOPRO READY 3RD PERSON POV CAMERA MOUNT, TRIPOD & FILMING POLE』程、フレキシブルにカメラの向きを変える事は出来ない様ですが、柄の部分がパイプで出来ており、熱や寒さにも強い様です。

メーカーサイトで$215.99-で販売中です。

「今回は、これらの商品は買わないのですか?自分撮りが捗りますよ?」

「残念ながら、先日、『コレ』買っちゃいましたので・・・」

「パナソニックの「サブカメラ」ワイプ撮りビデオカメラ W850M」

W850M 「パパも一緒」篇 60秒ver
https://www.youtube.com/watch?v=dP0QlfJuY3U

「・・・今までの『自撮王』の企画の存在意義自体を、根底から覆してしまう様な機種ですね。」

ホント、今まで何やっていたのか・・・。困ったものです。先日よりワイプ撮りで自分を撮りまくっております。

 

・・・続く。

※海外通販については、全てのリスクは自己責任になります。ご了承下さい。
※『PERSONAL CAMERA BUDDY GOPRO READY 3RD PERSON POV CAMERA MOUNT, TRIPOD & FILMING POLE』の記事の執筆に当たっては、Personal Camera Buddy 様に連絡を行っております。
※『PSVS 3rd-Person-View for Kite/Windsurfers』の記事の執筆に当たっては、KillerShot™ 様に連絡を行っております。
※『デジタルハイビジョンビデオカメラ W850M』の記事の執筆に当たっては、パナソニック株式会社 様に連絡を行っております。

※Girlsイラスト:http://furu-yan.jimdo.com/
撮影・出演:FURU

 

 

 

※この記事はガジェ通ウェブライターの「FURU」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

カテゴリー : エンタメ 動画 タグ :
ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP