ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

“なりたい自分”になる危険性

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

なりたい自分になる危険性

今回はkikakuguyさんのブログ『ゲーマーチ』からご寄稿いただきました。

“なりたい自分”になる危険性
“なりたい自分になる”こそ、幸せの第一条件と思ってない? みんな“なりたい自分”になろうと、努力している。それが生まれてきた意味とでも、言わんばかりに。自己実現至上主義ってやつだ。

だから、なりたいものがない人は、こぞって“自分探し”と称して海外旅行にいく。外国の世界遺産や観光地を巡っても、自分は見つからない。歩いている金髪美人に「お、あの子、胸でかいなぁ」などと思う。結局“おっぱいが好きなんだ”という自分を発見し、帰路につくのが関の山だ。

僕の場合は、昔からゲームプランナーになりたかった。夢だった。

高校時代、全国模試で偏差値38だった僕は「このままじゃいかん」と、浪人して、すごく勉強して、国立大学に入った。大学4年になって、就職活動を努力したが、世間は不況。どこもひっかからず、就職浪人を一年した。そして僕は、夢にまで見たゲームプランナーに“なった”。栄光をつかんだ、はずだった。

でも、そこでハッピーエンドにならなかった。ゲームプランナーになっても、自分の好きなゲームをすぐに作れるわけではない。ディレクターになる必要があるのだ。優秀な同期がたくさんいる中、案の定、頭の悪い僕はオミソ扱いされ、後輩に抜かれてしがない一プランナーとして、現在に至るわけだ。

おかしい。自己実現したはずなのに“幸せじゃない”。だって“なりたい自分”とかけ離れている。自己実現の達成はゴールじゃなくて、新たな自己実現のスタートだったのだ。もし、たとえディレクターになれたとしても「“もっと売れるゲームを作る”ディレクターになりたい」と、思っていただろう。

シンデレラと同じだ。

あの女は、最初は舞踏会に行きたいだけだったのに、最後は王子と結婚し、王女になっているわけだ。きっと彼女は王女になった後、嫉妬(しっと)から側室を皆殺しにし、権力欲しさに王子を失脚させ、「世界一の王女になる、挙兵せよ。目標、ジャブロー」という話になっていただろう。

“自己実現”を繰り返した果てにあるのは、世界最高の金持ち? 世界一の絵の上手いアーティスト? 世界最強の男? つまり『グラップラー刃牙』 *1 ? だから、僕は「なりたい自分」を考えるのを止めた。そして、自分の過去をふりかえってみた。

そこいたのは……ゲームが好きで、貧乏な家に育って、登校拒否になって、自殺を考えて、全国模試偏差値38で、天然パーマで、女の子から告白されたことは一度もなくて、貯金もほとんどなくて、夕方が好きで、猫が好きで、アメリカが好きで、第2次世界大戦記が好きで、今年32歳で、ゲームプランナーになって、落ちこぼれているただの男だった。

だからこのブログに、自己啓発とか、成功するための秘訣(ひけつ)とか、『iPad』のレビューとかを書くことはできない。でも、こんな人生だからこそできることがある。

フラれた友達に徳川家康の話をして励ますことが出来る。おじいちゃんと夕方、歩きながら第2次世界大戦の話で盛り上がれる。お金がなくても、チラシの裏でボードゲームを作って遊べる。将来、子どもが生まれたら、登校拒否になったときも、一緒に泣いてあげられる。それは今の僕で、十分、出来ることばかりだ。そこに、自己実現は必要ないんだよ。

僕がもし『シンデレラ』の作者だったら、ラストはこうするな。
王子:ガラスの靴がぴったりだ!結婚してください、シンデレラ。
シンデレラ:ごめんなさい。舞踏会、あんまり面白くなかったし、いつか小さいクリーニング屋をはじめたいの、お年寄りをターゲットにして。え? 頑固で、偏屈な人が多いから大変だろうって?大丈夫、私怒られるのには慣れているから。

こっちのシンデレラの方がずっとずっと好きだ。

*1:『グラップラー刃牙 』板垣恵介 著 / 少年チャンピオンコミックス(秋田書店)
http://www.akitashoten.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?key=search&isbn=053092

執筆: この記事はkikakuguyさんのブログ『ゲーマーチ』からご寄稿いただきました。

文責: ガジェット通信

******
ガジェット通信では、皆さんの原稿を募集しています。
http://getnews.jp/post
******

■最近の注目記事
若者が自殺をしてはいけない理由
なぜ日本人にあいさつは必要なのか
米国で大人気の日本文化 そして広がる海賊版
池谷裕二さんの講演を聴く
宮崎駿監督iPadについて「ぼくには、鉛筆と紙があればいい」と語る

寄稿の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。