ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

季節のいぶくろ。 第25回「秋ナスとパンチェッタのグラタン仕立て」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

隠れ家レストラン「shibuya bed」のシェフ・宮田さんとソムリエ・バーテンダー・宮地さんによる食の連載企画「季節のいぶくろ。」。
毎週、旬な食材を使った“簡単”なのに“オシャレ”な料理と、それに合うワインを紹介していただきます。食にまつわる豆知識も満載です。
さて、今回のメニューは…?

「秋ナスとパンチェッタのグラタン仕立て」

 

宮田:今回のテーマは「秋ナス」です。「秋ナスとパンチェッタのグラタン仕立て」の作り方をご紹介します。

宮地:ワインは、こちら。「リースリング・ゼクト2011」です。オーストリア、カンプタール産の、スパークリングワインです。

 

宮田:グラタンには、いろいろな野菜が合います。いろいろな素材で、試してみましょう。

 

秋ナスとパンチェッタのグラタン仕立て


作ってみましょう!!

~料理のポイント~
・ナスは油を多くすってしまうので、少し多めの油でソテーしたほうが良いです。パンチェッタの代わりにベーコンで代用可能です。

~秋ナスの栄養効能~
・秋ナスには、食あたり、のぼせ、歯痛、口内炎、癌、高血圧、動脈硬化、眼精疲労などの予防に効果があります。

 

 

今回の料理に合う、オススメのワインをご紹介。

スパークリングワイン
スパークリングワインは概ねシャンパーニュとその他とに大別されて来たように思います。その大きな理由はフランス、シャンパーニュ地方で造られるスパークリングワインが泡のきめ細かさや味わい、品質でその他の産地を圧倒しているからです。またシャンパーニュ地方で栽培されているピノ・ノワール、シャルドネ、ピノ・ムニエの三品種は多くのスパークリングワインのベーシックな葡萄品種としても世界の多くの産地で定着しています。以前からこのスパークリングワインの世界でシャンパーニュに次ぐ産地はどこか?という話題は尽きる事なく繰り返されていて、一時期は温暖化を背景にシャンパーニュの僅か北に位置するイギリス南端沿岸部から高品質なスパークリングワインが産まれた事もあり、注目されていました。ただそれはワインとしてはシャンパーニュの延長線上にあるもので、シャンパーニュと並ぶにはもっと永い時間がかかる事のように思えます。
最近ティスティングする機会があって、僕が驚きを覚えたのはオーストリアのシュタイニンガー。
その泡のきめ細かさ、ワインの繊細さ、高い品質に驚いたのはもちろんですが、ドイツ、オーストリアは栽培品種をはじめ、独自のワイン文化を形成しているためリースリングやグリューナー・フェルトリーナーといった品種由来の個性に品質が兼ね備わったワインはシャンパーニュとは違ったアプローチを持った個性あるスパークリングワインの楽しみ方を提案してくれています。近い将来シャンパーニュに並ぶ高品質スパークリングのポジションはドイツ、オーストリアのゼクトに可能性があるのではないかと考えています。

shibuya bed
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2−23−13
電話:03-3476-6120(ご予約承ります)
OPEN:18:00~26:00(土曜・日曜・祝日定休)
shibuyabed ホームページ http://www.shibuya-bed.jp/
イラスト 米原千賀子/illustration Chikako Yonehara

カテゴリー : グルメ 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP