体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ブレないカメラ! ステディカムを1,000円で作れるのか!?

生活・趣味

日曜の晩にNHKで『世界ふれあい街歩き』という番組が放送されています。世界各地の町並みをただひたすら歩き続けて人に話しかけてるだけなのに妙に楽しい番組なんですが、この番組で不思議なのは手持ちカメラで撮ってるはずなのにほとんど画面が揺れないんです。

検索してみると、これは「ステディカム」という機械を使っていることがわかりました。『BSファン倶楽部』というブログに書かれている “世界ふれあい街歩きの秘密” という記事や、『おもしろ歯なし』の “NHK「世界ふれあい街歩き」のブレないカメラ” という記事に詳細が書かれています。

■ステディカムとは?
ステディカムは1973年、カメラ技術者であるギャレット・ブラウンによって開発された。ステディカム (Steadicam) は、カメラを持つカメラマンの体の振動やカメラを搭載した車両などの振動を、重量バランスとジンバルの組み合わせ作用によって吸収したり、サスペンションなどを利用して撮影映像のブレを防止するためのカメラ支持機材のことである。

“Steadicam” の名称は、 “Steady” と “Camera” の合成である。本来はアメリカ Tiffen 社の登録商標であり狭義では Tiffen 社の商品群を指すため、類似の機構を持った他社製品ではこの言葉の使用を避けて防振激減装置などと称することもあるが、「ステディカム」の名称が広く知れ渡ったこともあり現在では一般的に用いられるになった。

ステディカムによって、それまではレールにカメラを載せて移動させる方法でしか撮影できなかった滑らかな移動映像を、走っているカメラマンの手持ちカメラや、振動の激しい車両や航空機に搭載したカメラによっても容易に撮影できるようになった。現在では映画以外にも、ドラマやスポーツ中継などテレビ番組の撮影現場で広く使用されている(Wikipediaより引用)。

原理はとても簡単で、やじろべえのように重りでバランスを取った台にカメラを乗せているだけです。ガジェット通信でも時々現場実況生中継とかしているので、これはあったら便利そうですね。

調べてみたら意外と高価な品物でした。なんと、発明者の新型『Steadicam Merlin』は16万4千円!

1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会