ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マジックショーやサンドアートも!? 時空を超えた社交パーティー『サンジェルマン伯爵の時計塔』横浜市開港記念会館で開催 [オタ女]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

大正6年(1917)に建設された横浜市開港記念会館。”ジャックの塔”と呼ばれる時計塔やステンドグラスなど、今に残る明治・大正期の赤レンガ建築として親しまれていますが、そこでクラシカルな衣装からスチームパンクを着て楽しむパーティーが2014年10月19日に開催されます。

『The Tower of Saint-Germain ~サンジェルマン伯爵の時計塔~』と題されたイベントを仕掛けているのは、都内でナイトパーティー『Steam Garden』(スチームガーデン)を開いているTokyo Inventors Society(東京発明者協会)と、コンセプトブランド『abilletage』(アビエタージュ)。

※参考:【東京ナイトパーティー】スチームパンクの独自進化系がここに! 『Steam Garden episode 7』に行ってきた
http://otajo.jp/40660 [リンク]

18世紀にヨーロッパ社交会で活躍し、さまざまな伝説が伝わっているサンジェルマン伯爵。当時から不老不死や時空を自由に移動できるという噂がささやかれるなど「ヨーロッパ史上最大の謎の人物」とされています。
そんなサンジェルマン伯爵から、100年に一度姿を現す伝説の時計塔の屋敷に招待された時間旅行者達が世界各国・各時代から集う……というのがこのイベントのコンセプト。その怪しい雰囲気は『YouTube』のPVで一端を感じることができます。

スチームガーデン & abilletage ・ サンジェルマン伯爵の時計塔 – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=8wegxZxvafE [リンク]

イベントでは、2014年11月26日に10周年記念アルバム『Cosmopolitan』をリリースする黒色すみれのライブや、クラシックなスタイルを信条とするマジックユニットFEELやサンドアートデュオemullenuettのパフォーマンスがあるほか、『Steam Garden』の名物でもあるスチームパンクDJブースのバージョン2がお披露目されることになっています。
また、18~19世紀にポピュラーだったという、4組の男女のカップルが踊るカドリーユの体験会が計5回行われます。舞踏家・聖和笙さんによる古典宮廷舞踏のデモンストレーションもあり、近世ヨーロッパの上流階級のお作法を覚える貴重な機会なのではないでしょうか。
ほかにも、40近くのブースが出展を予定。クラシカルなアクセサリーやスチームパンク色の強いアイテムを探して回るというのも楽しそう。

なお、ドレスコードは特に設けてはなく、「ロココ、ヴィクトリアン、スチームパンク、海賊、ゴシック、仮面舞踏会、コルセットスタイル、和洋折衷…など、様々な時代から抜け出してきた人々の社交界というイメージでぜひご参加ください!」とのこと。クロークも用意しているので、非日常的な衣装をまとったさまざまなファッションの愛好者が赤レンガ建築の中に集うことになるのは間違いないところ。ファッショニスタや歴史好きにとっても注目されるべきパーティーといえそうです。

『The Tower of Saint-Germain ~サンジェルマン伯爵の時計塔~』

日時:2014年10月19日 14:00~20:00

場所:横浜市開港記念会館 ジャックの塔
   神奈川県横浜市中区本町1丁目6番地

入場料:3500円(当日・前売共)

Tokyo Inventors Society 東京発明者協会
http://www.tokyosteampunk.com/ [リンク]

『abilletage』ブログ
http://blog.shop.abilletage.com/ [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP