ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【アプリ】ヤギが主人公のカオスゲーム『Goat Simulator』のiOS版が日本語に対応! 日本語もカオス

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


『Steam』で衝撃のデビューを果たしたヤギが主人公のゲーム『Goat Simulator』。このゲームは「短期間でゲームを作ろう」という趣旨で制作されたのだが、その映像を動画投稿サイト『YouTube』に公開したところ、世界中から反響があり『Steam』で販売することになった。
長い舌を持つヤギに首がぐねぐねするヤギ、そして「Goat Castle」という謎の世界など、遊び半分どころか遊び9割で作ったとしか思えない内容。

先月iOS版がリリースし話題となったが、なんと本日のアップデートで日本語に対応したのである。しかしその日本語が滅茶苦茶なのである。最初のタイトル画面に表示されている文字が「どこでも私に触れてください」である。元の文章は「TOUCH ME ANYWHERE」なので間違っては居ないが……。そうか元の文章からして少しおかしかったのか。
BACKに至っては「後ろ」と表記されておりそのほか「簡単な飛行高度」など意味不明なものまである。日本語はiOSの設定で自動的に認識され、OSが日本語なら自動的に日本語の『Goat Simulator』で遊ぶことができる。

そのほかにアラビア語、中国語、スペイン語、ポルトガル語、フランス語、イタリア語、韓国語、ロシア語、トルコ語に対応している。
よりカオスな『Goat Simulator』を遊んでみてはどうだろうか。
500円買い切りでこのカオスさを楽しめるなら十分ではないだろうか。

Goat Simulator(AppStore)
http://j.mp/1wDPsIK

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP