ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

同人イベント地方への流れが加速中? 創作文芸オンリー即売会『文学フリマ』が2015年4月に金沢で開催

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

2002年より開催されている創作文芸同人誌即売会『文学フリマ』が、2015年4月19日に北陸・金沢での開催を発表。出店サークルは約100ブースを予定しており、2015年1月より募集開始。公式サイトではボランティアスタッフの参加を呼びかけています。

『文学フリマ』は、評論家の大塚英志氏のエッセイ「不良債権としての『文学』」(講談社『群像』誌2002年6月号掲載)の呼びかけによりスタートしたイベント。哲学者・東浩紀氏による『ゼロアカ道場』や、雑誌『早稲田文学』による阿部和重氏や川上未映子氏といった作家のサイン会が実施されて話題となったこともあるなど、商業誌で活躍する人・団体の出店が活発なのも特徴です。これまで東京では18回開催されており、2014年11月24日には東京流通センター(TRC)で第19回目が予定されています。
地方では、2006年に名古屋、2013年4月より開かれた『文学フリマ大阪』に引き続いた地方都市での開催になります。

ここ数年、同人誌即売会の多様化が進み、サークル数約10~100規模のオンリーイベントも増えています。最近ではブラウザゲーム『艦隊これくしょん』のオンリーイベントが各鎮守府名となっている横須賀・呉・舞鶴・大湊などでも開かれています。文芸系のイベントでも、福岡で2012年より3回開催されている『福岡ポエイチ』があり、今回の金沢開催もその流れに沿ったものという見方もできるのではないでしょうか。『文学フリマ大阪』でも約1600人が来場しており、東京などからの遠征組の動員も期待されます。

2015年3月14日には北陸新幹線が開業し、首都圏からのアクセスが格段に良くなる北陸での開催となる『文学フリマ金沢』。金沢21世紀美術館などの観光を楽しみつつ文芸オンリーイベントにも顔を出してみる、というのも楽しそうです。

第一回文学フリマ金沢

日時:2015年4月19日(日曜日)
   11:00~16:30(予定)
会場:石川県金沢市/めいてつ・エムザ内「ITビジネスプラザ武蔵」
   JR北陸新幹線・北陸本線 金沢駅徒歩15分
主催:文学フリマ金沢事務局
協力:文学フリマ事務局・文学フリマ大阪事務局

『文学フリマ』公式サイト
http://bunfree.net/

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP