体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ネットの旅企画で有料会員が集まる理由(深水英一郎)

江ノ島

※この記事は「ブロマガ著者のためのニュースレター『ブロマガプロフェッショナル』2014年8月29日号」に掲載された原稿に加筆し転載したものです。

ブロマガプロフェッショナル
http://ch.nicovideo.jp/blopro [リンク]

旅行企画のすすめ「旅ネタが有料会員チャンネルで受ける3つの理由」

ふかみんこと深水英一郎です。僕が発行人をつとめているガジェット通信では、ニコニコチャンネルでいくつかのチャンネルを運営してます。

実験的な企画などさまざまな試みをやってきましたがその中でも安定して人気かつ入会が多い「旅企画」をご紹介します。

ガジェット通信の旅企画は、ゲーム実況者さんが主に出演する「ゲキマガチャンネル」とトーク中心の生主さんが出演する「LIFELOGチャンネル」で主に実施しています。

特にLIFELOGでは、「旅部(たびぶ)」という旅行企画をほぼ毎月実施しており、このチャンネルでは現在この企画がメインコンテンツとなっています。

内容はいたってシンプルで、出演者さん自身で生放送をしてもらいながら旅をする、というものです。

しかしながらリスナー(会員)のみなさんにも毎回楽しみにしてもらう名物企画となりつつあります。

旅先はさまざま。何の計画も立てずに24時間だけレンタカーを借りて、車に乗って放送しながら行き先を決めたり、海開きと当時に江ノ島へ泊まりに行ったり。温泉地へ行って泊まってしゃべるだけだったり、イベントとあわせてラスベガスへ行ったり、最初から海外に行くことが決まっており、放送開始まで行き先を秘密にしていたり、キャンプ場でBBQしてそのまま泊まったり。

企画がうまく回りだせば有料入会者もどんどん増えていきますので、かけられる予算も徐々に増えていきます。それにあわせて、旅に出かけるメンバーを増やしたり、行き先をどんどん遠くしたり、泊数を増やしたり、拡大していくこともできます。旅を一緒に楽しんでいるリスナーさんも、旅先のバリエーションが増えていくのを一緒に楽しんでくれます。

チャンネルを運営するこちらの都合さえつけば、世界中を会費だけで旅するチャンネルもつくれるのではないか……なーんてなことも思います。

そんな夢のある企画なのですが、普段はなかなか有料会員になってくれない視聴者が、旅企画だと会員になってくれるのは何故でしょう。

以下、僕が考える、旅企画が有料会員チャンネルでウケる理由3つです。

1.旅ってワクワクするし、風景は変わって見た目も楽しいし、ハプニングも期待できる

たいていの生放送は、部屋やスタジオなど、固定の場所から実施されているものと思います。

それだと、当然ながら背景もかわらないですし、基本的には予定していたことが予定どおりにおこなわれるというコトになります。

いわゆる「台本どおり」、ということになりますが、旅の場合は、背景は次々変わりますし、風光明媚なところに行けば、風景そのものを出演者視聴者ともに感動をもって共有することができます。そこに居合わせた視聴者と出演者でリアルタイムにこの体験を共有するというのは、他では味わえない高い一体感があります。また、行く先々で何がおこるか、総てをコントロールできませんから、放送自体がハプニングの連続となる場合もあります。そういう「画変わり」とか「意外性」が、番組を観ているリスナーにとってはたまらなく楽しく感じられるのだと思います。まぁ、それって旅の魅力そのものだと思うのですが、そこに同行できている感覚を味わえる「旅コンテンツ」は、視聴者も一緒に旅をしている感覚を共有できて楽しいのだと思います。

※旅先では、普段では起きない、こんなハプニングも…(旅部7より)

1 2次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。